bjork(ビョーク)

ビョーク(bjork)が中国・上海のステージで「独立宣言」

2008年03月19日

先日、 ビョーク(bjork) が中国・上海のコンサートで事前に許可を受けていなかった『 Declare Independence(独立宣言) 』を歌い「チベット!」と連呼したことに対して、中国政府が不快感を表すコメントと共に中国国外アーティストへの制限を強化する意向を発表したばかりでしたが、 それから何日も経たずに、チベット自治区で暮らす少数民族チベット族が行ったデモ活動に対する中国政府の武力鎮圧が行われています。(武力鎮圧という表現が正しいかは、まだはっきりしていませんが)

テレビ・メディアで流れているのは、中国政府から提供されているチベット族が破壊行動をしている映像ばかり。
現地では情報統制が行われて、第三者の海外メディアは全て排除されて、中国政府の一方的に流されてくる情報は、デモ隊を鎮圧している映像が全く無くて非常に不自然。
一方、旅行者が現地を強制退去させられる前に撮っていた中国政府以外からの映像では、物々しく中国政府の鎮圧部隊がトラックで現地入りしている映像。
単なるデモ活動の鎮圧部隊にしては大げさすぎではないのでしょうか…。
■続きを読む・曲を視聴する>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。