フレンチポップス

日産モコ(NISSAN MOCO)CM曲『変わるかも(Ca pourrait changer)』ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)

2011年02月16日

一井沙織が出演する日産モコ(NISSAN MOCO)CM「DECA MOCO 篇 」CM曲に ブリジット・バルドー の『 変わるかも(Ca pourrait changer) 』が使用されています。

ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot/B.B) は、1950年代〜60年代に活躍したフランスの女優で、 マリリン・モンロー に並ぶセックス・シンボルとして人気を博しました。
夢見るシャンソン人形 』や『 さよならを教えて 』等、 数々のフレンチポップスの名曲を生み出した セルジュ・ゲンスブール とコンビを組んだ楽曲は現在もフレンチ・ポップス/映画音楽ファンに人気があります。
⇒続きを読む・曲を視聴する

カネボウSALAプレミアムスムースCM曲by Luciole(ルシオール)

2009年08月30日

カネボウ サラ(Kanebo SALA)プレミアムスムースのCM「メリハリでふんわり」篇、「あたらしい さらさら」篇、「雨の日もふんわり」篇 CM曲のシンガーに ルシオール が起用されました。 このCM曲はCMオリジナル楽曲で、CD化/発売は未定ですが、携帯電話用の着うたが 着うたサイト“ 直営CM♪EXPRESS ”でダウンロードできます。

ルシオール(Luciole) は、1986年フランス レンヌ生まれの女性シンガーで、2009年2月にアルバム「 Ombres 」でデビュー。 彼女のソフトなヴォーカルとアコースティックな楽曲がマッチした癒し系ポップスを聴かせてくれます。
■続きを読む・動画を視聴する>

サントリーチューハイ「カロリ」CM曲『シェリーに口づけ』ミッシェル・ポルナレフ

2009年06月24日

タレントの 優香 が出演している、サントリーチューハイ糖類ゼロ「カロリ。ゼログリーン」CM曲に ミッシェル・ポルナレフ の楽曲『 シェリーに口づけ(Tout tout pour ma cherie) 』が使用されています。 CMで使用されているのはCMオリジナル・アレンジのようです(アーティスト/発売等は不明)。

ミッシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff) は60年代〜70年代に活躍したフランスの シャンソン/フレンチポップス 歌手/作詞作曲家です。
70年末頃にはアメリカに活動の場を移すも自律神経失調症等から活動ペースが落ちましたが、この フレンチポップス のスタンダード曲を生み出した歌手として、現在までマイペースに活動を続けています。
■曲を聴く・動画を見る>

ブラッド・ピットが出演するSoftbunk mobile(ソフトバンク・モバイル)CM曲-『Aline(愛しのアリーヌ)』by Christophe(クリストフ)

2009年01月08日

ブラッド・ピット(ブラピ)がビーチでドタバタを繰り広げ、白犬お父さんが「たまには日本に来いよ、ブラピ」と苦言するのが面白い、ソフトバンク新CMが放映されています。
使用されている曲はフランス歌手 クリストフ の『 Aline(愛しのアリーヌ) 』で、 フランス・ギャル の『 夢見るシャンソン人形 』 が使用された、 前CMに 引き続きフランスで撮影されています。

Christophe(クリストフ) はフランスのフレンチ・ポップス歌手/シンガーソングライターで、この曲は1965年に発表された彼にとって最初のヒット曲です。
■曲を聴く・動画を見る>

スズキ ラパン(SUZUKI Lapin)のCM曲-『Sha La La La Lee(シャ・ラ・ラ・ラ・リー)』by The Small Faces(スモール・フェイセス)

2008年11月30日

スズキ(SUZUKI)の軽自動車 ラパン(Lapin)のCM曲に スモール・フェイセス の楽曲『 Sha La La La Lee(シャ・ラ・ラ・ラ・リー) 』が使用されています。
(08/12/03追記) スズキのHP の説明によるとCMに使用されているのは、CM用に制作されたオリジナルバージョンのようでが、60年代に活動していたフランスのシンガー プッシーキャット(Pussycat) によるカバーにかなり近い雰囲気に仕上がっています。

The Small faces(スモール・フェイセス) は1965年〜1975年に活動したイギリスの代表的モッズ・バンドです。 活動期間中、何度かのメンバーチェンジを行い、70年に フェイセズ(Faces) に改名。中には、その後の ローリング・ストーンズロン・ウッド や、ロックシンガーの ロッド・スチュワート も在籍していました。
■曲を聴く・動画を見る>

アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」ED曲/ワールド「Reflect(リフレクト)」CM曲-『東京 et 巴里』『edelweiss(エーデルワイス)』by 宮本笑里×solita

2008年11月21日

アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」のエンディングテーマ曲に 宮本笑里×solita の楽曲『 東京 et 巴里 』が使用されています。
また、カップリング曲『 edelweiss(エーデルワイス) 』が、篠原涼子出演の「ワールド Reflect(リフレクト)」CM曲として使用されています。

女性4人組のクラシカルバンド Vanilla Mood(バニラムード) の元メンバーで、「のだめカンタービレ」の劇中の演奏や出演もした“ のだめオーケストラ ”のメンバーとしても活躍する ヴァイオリニストの 宮本笑里(えみり) と、フレンチポップスシンガー、 クレモンティーヌの15歳になる愛娘" solita(ソリータ) によるコラボレーション作品です。
■曲を聴く・動画を見る>

オススメのフレンチ・ポップス/シャンソンの名曲・アーティスト

2008年05月18日

iTuneJacketIMG.jpg
シャンソンはフランス語で<歌>を意味する言葉で、特に音楽性を指す言葉では無いのですが、日本では、基本的にフランスのフランス語による歌謡曲をシャンソンと呼んでいます。
元々フランス以外の国で作られた曲がフランス語でカバーされた結果、シャンソンとして認知されるようになった曲も数多くあります。

“フレンチ・ポップス”は、ビートルズの世界的ヒット等によって、1960年代後半から70年代前半にかけて流行した、R&BやR&Rのリズムを取り入れたフランス語ポップスのスタイル「イエイエ(Ye-ye)」と、 1955年に発表された、男性を振り回す少女性をテーマとしたウラジミール・ナボコフの小説『ロリータ』の影響で数多く輩出された、少女性とエロティシズムが同居するロリータ・アイドル流行が重なった事で、 フランスのアイドル歌謡曲が世界でヒットし、日本ではこれらの音楽が“フレンチ・ポップス”と呼ばれるようになりました。
フランス本国では流行歌/ポップス曲という認識なので“フレンチ・ポップス”という概念自体存在しないそうです。

たっぷりと感情を表現するシャンソン、 キュートでポップなフレンチ・ポップス、どちらも、とても魅力的なアーティストが多いジャンルの一つです。

この記事はまとめ記事です。最新の情報が反映されるのには時間がかかりますので、 最新の記事はコチラからご覧ください>
■続きを読む>

ヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)-現代に蘇ったフレンチ・ロリータ/フレンチ・ポップスの最高傑作

2008年05月17日

ヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis) は、フランスの歌手・女優で、ジョニー・デップ の恋人(彼との子を産んでいるので実質は奥さん)です。
10代から歌手・女優としてフランスで活動していた彼女ですが、1993年に レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz) プロデュースによるアルバム『 Vanessa Paradis 』が世界的な大ヒットとなって一躍、世界的な大スターとなりました。

このアルバムはロック、R&B、ゴスペル等を消化したのレニーならではの作風でありながら、全体のバランスも良くて、レニー本人の作品以上の完成度で、私の中では<捨て曲が無い完成度高いアルバムTOP10>に入ると思いまス。
■続きを読む・曲を視聴する>

フランス・ギャル(France Gall)『夢見るシャンソン人形』『Jazz A Go Go』『ジャズる心』-高い音楽性でオシャレなフレンチ・ポップス・アイドル

2008年05月17日

フランス・ギャル(France Gall) は1963年デビューのフレンチ・ポップス・アイドルです。 彼女はフレンチ・アイドルの中でも特に音楽性高い楽曲で、現在も人気が名強い歌手です。

日本でも特に有名なのは フランソワーズ・アルディ が歌う『 Comment te dire adieu(さよならを教えて) 』を作曲した セルジュ・ゲンスブール 作『 夢見るシャンソン人形(Poupee De Cire, Poupee De Son) 』ですけども、他にもジャズ・サウンドの曲も多くあってミュージシャン系の人たちにも人気が高いです。
日本では シルヴィ・バルタン に並ぶ人気で、ヒット曲は多数!
■続きを読む・曲を視聴する>

マジョリー・ノエル(Marjorie Noel)『そよ風に乗って』-日本で大ヒットしたフレンチ・ポップス・アイドルの名曲

2008年05月17日

日本で大ヒットしたフレンチ・ポップスの名曲を紹介します。
そよ風に乗って(Dans le meme wagon) 』は1966年に日本でヒットしたフレンチ・ポップス曲で、フランスのアイドル マジョリー・ノエル(Marjorie Noel) が歌っています。

有名な曲はこの一曲しかない一発屋ですけど、70年代に幼児番組「 ひらけ!ポンキッキ 」でイントロが使われてたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
2003年に 竹内まりや がアルバム「 Longtime Favorites 」でカバーしている他、60年代に何人かの日本の歌手によってカバーされています。
■続きを読む・曲を視聴する>

TOYOTA ESTIMA(トヨタ・エスティマ)CM曲-『La Mer』by クレモンティーヌ(Clementine)

2008年05月11日

ドゥ・ベスト
※画像はベスト盤 ⇒CM曲収録CD

TOYOTA(トヨタ)の自動車 ESTIMA(エスティマ)のCM曲として クレモンティーヌ が歌う、 シャルル・トレネ が歌ったことでも有名なシャンソンの名曲『 La Mer(ラ・メール/海) 』が使用されています。

クレモンティーヌ(Clementine) は1988年にデビューしたフランスのポップス/ジャズ・シンガーです。
90年代初頭、日本のオシャレ音楽の代名詞だった“渋谷系”ミュージシャン( ゴンチチ田島貴男小沢健二 等)による企画アルバムで日本での人気が高まり、現在まで日本での人気が高いフレンチ・ポップス・シンガーです。
■続きを読む・曲を視聴する>

Sylvie Vartan(シルヴィ・ヴァルタン) - 『Irrésistiblement(あなたのとりこ)』『La plus Belle pour Aller Danser(アイドルを探せ)」』日本でも人気の高いフレンチアイドル歌手

2007年11月15日

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan) はブルガリア出身のフレンチ・ポップス・アイドル歌手です。

代表曲は映画「アイドルを探せ」主題歌のタイトル曲『 アイドルを探せ(La plus belle pour aller danser) 』等が挙げられますが、特に68年発表の楽曲『 あなたのとりこ(Irrésistiblement) 』が、2002年頃サントリー「緑水」のCM曲、2001年の映画「 ウォーターボーイズ 」挿入歌、2004年には全日空のCM曲、フジテレビ"めざましテレビのワールドキャラバンのテーマ等、よく使用メディアで使用されていたので、聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。
■曲を聴く・動画を見る>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。