70’s

サッポロビール(SAPPORO)企業CM“乾杯をもっとおいしくする”CM曲『セイリング(Sailing)』ロッド・スチュワート(Rod Stewart)

2011年01月05日

サッポロビール(SAPPORO)企業CM“乾杯をもっとおいしくする ”の「時間を遡る(育種)篇」「時間を遡る(開拓者精神)篇」「時間を遡る(ビールの場づくり)篇」CM曲に ロッド・スチュワート の『 セイリング(Sailing) 』が使用されています。

ロッド・スチュワート(Rod Stewart) は60年代から活躍するイギリス出身のミュージシャンで、 ジェフ・ベック・グループ Amazonで見るフェイセズ と、歴史に名を残すバンドのヴォーカルを勤め、ソロでも数々の名曲を輩出すると共に多数の名曲をカバー。数多くのヒット曲を持つイギリスを代表するロック・ヴォーカリストの一人。
⇒続きを読む・曲を視聴する

バラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」ED曲『Walk This Way』エアロスミス(Aerosmith)

2010年11月17日

明石家さんま 司会のトークバラエティ番組「 踊る!さんま御殿!! 」のエンディング曲に エアロスミス の『 ウォーク・ディス・ウェイ(Walk This Way) 』が使用されています。

エアロスミス(Aerosmith) は1971年にデビューしたアメリカのロックバンドで、 ローリング・ストーンズレッド・ツェッペリン Amazonで見る 等のブリティッシュ・ロックから影響を受けた音楽性をベースに、R&Bの本場アメリカならではロック・サウンドを確立。 30年もの間、現役で活躍し現在までアメリカン・ハードロックの頂点に君臨するバンドです。
⇒続きを読む・曲を視聴する

BLEU DE CHANEL(ブルー ドゥ シャネル)CM曲『She Said Yeah』ローリング・ストーンズ

2010年10月07日

ジャンプ・バック~ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ
↑※画像はベスト盤CD
⇒CM曲収録CD
シャネルの男性用香水“BLEU DE CHANEL(ブルー ドゥ シャネル)”CM のCM曲に ローリング・ストーンズ の『 シー・セッド・イエー(She Said Yeah) 』が使用されています。

ローリング・ストーンズ(略称:ストーンズ/The Rolling Stones) は、1963年にデビューしたイギリスのロックバンドで、 ビートルズ にも勝るとも劣らない、ロックの代名詞的とも言えるロック・バンドの代表格。 ロック草創期の1960年代から現在まで半世紀近くにも渡って一度も解散することもなく、現役でシーンの第一線で活躍を続け、世界で2億枚以上ものセールスを誇る、まさにモンスター・バンド。
⇒続きを読む・曲を視聴する

NHKバラエティドラマ「祝女〜shukujo」番宣CM曲『(You Make Me Feel Like A)Natural Woman』キャロル・キング

2010年10月06日

Tapestry
↑※画像は原曲収録CD

NHKのバラエティ・ドラマ「祝女〜shukujo 」番宣CM曲に、 キャロル・キング の『 ナチュラル・ウーマン((You Make Me Feel Like A)Natural Woman) 』が使用されています(CMで流れているのは、たぶん Superfly Amazonで見る によるカバーだと思います)。

キャロル・キング(Carole King) は、1958年にデビューしたアメリカの女性シンガーソングライター・作曲家で、 1960年代には作曲家として『 ロコ・モーション 』をはじめ、数多くのヒット曲を輩出。 1970年代になると自身のソロ活動を本格的にし、1971年発表の2ndアルバム「 つづれおり(Tapestry) 」でグラミー賞4部門受賞、全米アルバムチャート15週連続1位の記録を打ち出し、シンガー・ソングライターとしての地位を確立。 同アルバムはポップス/ロックの名盤として現在まで売れ続けている歴史的名作です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

Qさま!!プレッシャーSTUDY BGM『It’s More Fun To Compute』クラフトワーク

2010年09月13日

Mix
※↑画像は91年のRemixベスト

さま〜ず、優香 が司会のテレビ朝日系列バラエティ番組“クイズプレゼンバラエティー Qさま!!”の人気コーナー“プレッシャーSTUDY”BGMに クラフトワーク の『 イッツ・モア・ファン・トゥ・コンピュート(It’s More Fun To Compute) 』が使用されています。

クラフトワーク(Kraftwerk) は1971年にデビューしたドイツの電子音楽バンドで、テクノ・ミュージックの始祖的グループです。
1974年に『 アウトバーン 』が世界でヒットし、その後のテクノ/ハウス/ディスコ等のジャンルに多大な影響を与えました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

グリコ ポッキーCM曲『ライディーン(RYDEEN)』YMO

2010年09月12日

江崎グリコのチョコレート菓子“ポッキー(Glico Pocky)”のCM「エビバテポッキー宣言 篇」CM曲に イエロー・マジック・オーケストラ の『 ライディーン(RYDEEN/雷電) 』が起用されました。
CMでは『 ライディーン 』をBGMに、 YMO メンバーが『 テクノポリス 』の冒頭に流れるヴォコーダー・ヴォイス「トキオ(TOKIO)」を思わせる「ポッキーを。」と 台詞を言う、ファンが思わずニヤリとさせられてしまう演出がされています。

イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra、略称:YMO) は、1978年にデビューした日本のテクノ・グループです。 結成以前より音楽キャリアを持っていた実力派ミュージシャンの 細野晴臣高橋幸宏坂本龍一 によるトリオ編成で、シンセサイザーとコンピュータを駆使した斬新な音楽でテクノミュージック旋風を巻き起こしました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

空から日本を見てみようBGM『FIRECRACKER』YMO

2010年09月11日

イエロー・マジック・オーケストラ(US版)
※↑画像は1stのUS盤

テレビ東京系列で放映中のバラエティ/紀行番組“空から日本を見てみよう”の空から地上にある何かを発見・クローズアップする時のBGMに イエロー・マジック・オーケストラ の『 ファイアー・クラッカー(FIRECRACKER) 』が使用されています。

イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra、略称:YMO) は、1978年にデビューした日本のテクノ・グループです。 結成以前より音楽キャリアを持っていた実力派ミュージシャンの 細野晴臣高橋幸宏坂本龍一 によるトリオ編成で、シンセサイザーとコンピュータを駆使した斬新な音楽でテクノミュージック旋風を巻き起こしました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

木村カエラ出演 明治 XYLISH(キシリッシュ)CM曲『シュガー・ベイビー・ラヴ』ルベッツ

2010年08月19日

木村カエラ が出演している明治製菓(Meiji)のキシリトール配合ガム“XYLISH(キシリッシュ)”CM 「カエラ(ダンス)篇」「カエラ(イントロ)篇」「カエラ(イントロ)篇」「カエラ(息スッキリ)篇」CM曲に ルベッツ の『 シュガー・ベイビー・ラヴ(Sugar Baby Love) 』が使用されています(CMオリジナル替え歌)。

ルベッツ(The Rubettes) は1974年にデビューしたイギリスのポップス・バンドです。 様々なアーティストにカバーされ日本でも有名な『 シュガー・ベイビー・ラヴ 』は全英1位のヒットとなった彼らのデビュー曲。その後もドゥーワップのスタイルを取り入れたキャッチーな楽曲で多数のヒットを排出し、ヨーロッパの代表的ポップ・バンドとなりました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

MS&ADホールディングス企業CM曲『Three Is A Magic Number』ボブ・ドロー(ジャスティン・ノヅカによるカバー)

2010年04月03日

「三井住友海上」「あいおい損保」「ニッセイ同和損保」が経営統合し発足した“MS&ADホールディングス (MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社) ”のCM「3つの力 篇」CM曲に ジャスティン・ノヅカ がカバーする ボブ・ドロー の楽曲『 スリー・イズ・ザ・マジック・ナンバー(Three Is A Magic Number) 』が使用されています。各プロフィールは後述。

この楽曲『 スリー・イズ・ザ・マジック・ナンバー 』は、70年代にアメリカで放映されていた子供向け教育アニメ「 Schoolhouse Rock 「Best of Schoolhouse Rock」Amazonで見る 」のテーマソングとしてアメリカでは知られています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ペプシネックス「倖田來未×Got To Be Real」CM曲『ガット・トゥー・ビー・リアル』シェリル・リン

2010年03月03日

ペプシコーラ(PEPSI)の新コンセプト「LOVE!ペプシネックス」のCM「倖田來未×Layla」CM曲に 倖田來未 がカバーする シェリル・リン の楽曲『 ガット・トゥー・ビー・リアル(Got To Be Real) 』が起用されました(CMのカバー版の発売は未定)。

シェリル・リン(Cheryl Lynn) はアメリカの女性R&Bシンガーで、1976年に審査が厳しいことで知られているオーディション番組「ゴング・ショウ」で最高得点を獲得したのをきっかけに1978年にデビュー。 TOTO TOTO「Blu-spec CD 宇宙の騎士」Amazonで見るデヴィッド・ペイチデイヴィッド・フォスター の凄腕プロデューサーの二人が手がけたデビュー曲『 Got To Be Real 』は当時のディスコブームの波に乗り大ヒットしました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

キリン コーラショック「ビーチカフェ篇」CM曲『I Can See Clearly Now』ジミー・クリフ(ドラマ「エンジン」主題歌)

2010年02月28日

黒木メイサ が出演している キリンビール(KIRIN)のお酒・カクテル飲料 コーラショック「ビーチカフェ篇」CM曲に ジミー・クリフ の『 I Can See Clearly Now(アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ) 』が使用されています。

この楽曲は、 ジョニー・ナッシュ Johnny Nash「I Can See Clearly Now」Amazonで見る が1972年に発表し全米1位を獲得したものが原曲で、 ジミー・クリフ が1993年に発表したカバーが映画「 クール・ランニング 「クール・ランニング [DVD]」Amazonで見る (1993年/米)」の主題歌としてヒットし、日本では木村拓哉主演ドラマ「 エンジン 「エンジン DVD-BOX」Amazonで見る (2005年/フジTV)」の主題歌に使用されました。各プロフィールは後述。
⇒続きを読む・曲を視聴する

キリンチューハイ 氷結「氷結品質篇」CM曲『愛のセレブレイション』ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック

2010年02月16日

深田恭子 が出演しているキリンビールの(KIRIN)キリンチューハイ氷結「氷結品質篇」CM曲に ロバータ・フラックピーボ・ブライソン のデュエット曲『 愛のセレブレイション(Tonight, I Celebrate My Love) 』が使用されています。(1983年/全米16位)この楽曲は結婚式のBGMとしても定番になっています。

ロバータ・フラック(Roberta Flack) は1969年にデビューしたアメリカの黒人女性R&Bシンガーソングライターで、70年代の ニューソウル・ムーブメント で活躍したアーティストの一人です。 1972、1973年と立て続けに全米1位を獲得し、主要部門を含むグラミー3部門を受賞しています。
ピーボ・ブライソン(Peabo Bryson) 「The Very Best of Peabo Bryson」Amazonで見る は1976年にデビューしたアメリカのR&B黒人男性歌手で、バラードの名手として数多くの歌手とデュエットを歌い、1992年には ディズニーアニメ「 美女と野獣 」の主題歌を セリーヌ・ディオン セリーヌ・ディオン「コンプリート・ベスト」Amazonで見る とデュエットしグラミー賞を獲得しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。