60’s

ホンダ フィット シャトル(HONDA FIT SHUTTLE)CM曲『Quando Quando Quando』エンゲルベルト・フンパーディンク

2011年03月03日

ホンダ(HONDA/本田技研工業)の小型自動車“フィット シャトル(FIT SHUTTLE)”のCM 「ハイウェイ 篇 」CM曲に エンゲルベルト・フンパーディンク が歌う『 情熱のクァンド・クァンド・クァンド(Quando Quando Quando) 』が使用されています(原曲はイタリアン・ポップス歌手のトニー・レニス)。

エンゲルベルト・フンパーディンク(Engelbert Humperdinck) は1960年代〜70年代に活躍したイギリスのポピュラー音楽歌手で、ロマンチックな楽曲と甘い歌声から“キング・オブ・ロマンス”と呼ばれ女性からの高い支持を得ました。 『 ラスト・ワルツ 』『 愛の花咲くとき 』等、日本でも多くのヒット曲を輩出しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

日産モコ(NISSAN MOCO)CM曲『変わるかも(Ca pourrait changer)』ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)

2011年02月16日

一井沙織が出演する日産モコ(NISSAN MOCO)CM「DECA MOCO 篇 」CM曲に ブリジット・バルドー の『 変わるかも(Ca pourrait changer) 』が使用されています。

ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot/B.B) は、1950年代〜60年代に活躍したフランスの女優で、 マリリン・モンロー に並ぶセックス・シンボルとして人気を博しました。
夢見るシャンソン人形 』や『 さよならを教えて 』等、 数々のフレンチポップスの名曲を生み出した セルジュ・ゲンスブール とコンビを組んだ楽曲は現在もフレンチ・ポップス/映画音楽ファンに人気があります。
⇒続きを読む・曲を視聴する

NISSAN JUKE(日産ジューク)CM曲『サンシャイン・ラブ(Sunshine of Your Love)』クリーム(Cream)[原曲]

2010年11月09日

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム
※↑画像は原曲収録CD

日産自動車(NISSAN)のコンパクトカー“JUKE(ジューク)” のCM「ロックン・スモール ターボ 篇 」CM曲に オリアンティ がカバーする クリーム の楽曲『 サンシャイン・ラブ(Sunshine of Your Love) 』が使用されています。

クリーム(Cream) は1966年にデビューしたイギリスの3人組ブルースロック・バンドで、ジャズ/ブルース/サイケデリックを融合させ即興的で高度な演奏を聴かせてくれる、スリーピース・ロック・バンドの最高峰。 三大ギタリストの一人 エリック・クラプトン がメンバーだったことでも有名です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

BLEU DE CHANEL(ブルー ドゥ シャネル)CM曲『She Said Yeah』ローリング・ストーンズ

2010年10月07日

ジャンプ・バック~ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ
↑※画像はベスト盤CD
⇒CM曲収録CD
シャネルの男性用香水“BLEU DE CHANEL(ブルー ドゥ シャネル)”CM のCM曲に ローリング・ストーンズ の『 シー・セッド・イエー(She Said Yeah) 』が使用されています。

ローリング・ストーンズ(略称:ストーンズ/The Rolling Stones) は、1963年にデビューしたイギリスのロックバンドで、 ビートルズ にも勝るとも劣らない、ロックの代名詞的とも言えるロック・バンドの代表格。 ロック草創期の1960年代から現在まで半世紀近くにも渡って一度も解散することもなく、現役でシーンの第一線で活躍を続け、世界で2億枚以上ものセールスを誇る、まさにモンスター・バンド。
⇒続きを読む・曲を視聴する

NHKバラエティドラマ「祝女〜shukujo」OP曲『Hit The Road Jack』レイ・チャールズ

2010年10月06日

NHKのバラエティ・ドラマ「祝女〜shukujo 」主題歌に、ドイツのDJ二人によるクラブ・ユニット モ・ホライゾンズ Amazonで見る がカバーする『 ヒット・ザ・ロード・ジャック(Hit The Road Jack/がんばれジャック) 』が使用されています。この楽曲は パーシー・メイフィールド が作曲、1961年に レイ・チャールズ が歌い全米1位の大ヒットとなっています。

レイ・チャールズ(Ray Charles) は1950年代から活躍したアメリカのR&B歌手/ピアニストで、盲目というハンデを背負いながらも、 ゴスペル/ジャズ/ブルース等のルーツ音楽を ソウル・ミュージックへと進化させた“ソウルの神様”とも呼ばれる黒人音楽のカリスマです。
⇒続きを読む・曲を視聴する

リンカーンED曲『ソウル・マン』サム&デイヴ

2010年08月31日

ダウンタウン を筆頭に、雨上がり決死隊、キャイーン等が出演するTBS系列のお笑いバラエティ番組“リンカーン”のエンディング曲に サム&デイヴ の『 ソウル・マン(I'm A Soul Man) 』が使用されています。

サム&デイヴ(Sam&Dave) は、1962年代にデビューしたアメリカのソウル/R&Bデュオです。 66年の『 ホールド・オン(Hold On, I'm Comin') 』がヒットすると、次々にヒット曲を連発。二人のエネルギッシュなヴォーカルで聴かせてくれるソウルは、 オーティス・レディング Amazonで見る と双璧をなすソウル・クラシックです。
⇒続きを読む・曲を視聴する

WORLD SKYA GATE NARITA(成田国際空港)CM曲『ハロー・グッドバイ』Trashcan Sinatras(原曲:ビートルズ)

2010年08月21日

In the Music
※↑画像は5thアルバム

WORLD SKYA GATE NARITA(成田国際空港)CM曲に トラッシュキャン・シナトラズ がカバーする ビートルズ の楽曲『 ハロー・グッドバイ(Hello Goodbye) 』が使用されています(CMカバー盤の発売は未定)。

トラッシュキャン・シナトラズ(Trashcan Sinatras) は1990年にデビューしたスコットランド出身のイギリスのロックバンドです。 80年代に活躍した アズテック・カメラ に通じる、 ネオアコ(ネオ・アコースティック)/ギターポップ直径の王道サウンドで支持を獲得。2008年には来日しフジロック・フェスティバルに出演しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

シャネル ルージュ ココ(CHANEL Rouge COCO)CM曲『デイドリーム』ラヴィン・スプーンフル(ヴァネッサ・パラディによるカバー)

2010年03月30日

シャネル(CHANEL)の口紅“ルージュ ココ(Rouge COCO)”CM曲に ラヴィン・スプーンフル の楽曲『 デイドリーム(Daydream) 』が使用されています(イメージモデルとして出演しているフランスの歌手 ヴァネッサ・パラディ によるカバー、 CMカバー版の発売は不明)。

ラヴィン・スプーンフル(The Lovin' Spoonful) は1965年にデビューしたアメリカのポップス・バンドで、デビュー間もなくヒット曲は立て続けに輩出しています。 1966年に全米2位を獲得した『 デイドリーム 』が大和証券グループのCMで使用されていたほか、同年3週連続全米1位を獲得した『 サマー・イン・ザ・シティ(Summer In The City) 』は映画「 ダイ・ハード3 Amazonで見る 」の劇中歌に使用されていました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

アサヒ チューハイ 果実の瞬間 「ジャポーン 篇」CM曲『L-O-V-E(ラヴ)』ナット・キング・コール

2010年03月17日

上野樹里が出演しているアサヒビール(Asahi)のチューハイ“果実の瞬間”CM「ジャポーン 篇」CM曲にジャズ・スタンダード曲『 L-O-V-E(ラヴ) 』が使用されています(CMオリジナルアレンジ)。

L-O-V-E 』はドイツの作曲家 ベルト・ケムプフェルト 「The Very Best of Bert Kaempfert」Amazonで見る が1964年に発表したインスト曲がオリジナルで、1965年に ナット・キング・コール が歌い大ヒット。それ以降、スタンダード曲として数々のアーティストにカバーされています。
この記事では ナット・キング・コール の代表曲などを掲載しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

バラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」テーマ曲『ヘルプ!(Help!)』ビートルズ

2010年02月09日

1994年から放映されているテレビ東京系列のバラエティ番組「 開運!なんでも鑑定団 」オープニングテーマ曲に ビートルズ の『 ヘルプ!(Help!) 』が使用されています。...いまさらですが(汗

ビートルズ(The Beatles) は1962年にデビューしたイギリス出身のロックバンドで、1960年前半はアイドルとして人気を博し、R&BやR&Rをベースとした革新的な作品を次々を発表し、その音楽性が世界中で高い評価を獲得。70年に解散。
その後の音楽に与えた影響は絶大で、現在のロック・ポップス等のポピュラー・ミュージックの原点とも言えるグループです。
⇒続きを読む・曲を視聴する

絶対に笑ってはいけないホテルマン24時 番宣CM曲『21世紀の精神異常者』キング・クリムゾン

2009年12月30日

31日夜に放送予定の ダウンタウン の“ ガキの使い ”大みそかSP「 絶対に笑ってはいけないホテルマン24時 Amazonで見る 」の 番宣CM曲に キング・クリムゾン の『 21世紀の精神異常者(21st Century Schizoid Man including Mirrors) 』が使用されています。 (追記:2010/12/27 「絶対に笑ってはいけないスパイ24時」番宣CM曲はこちらの記事に掲載)

キング・クリムゾン(King Crimson) は1968年にデビューしたイギリスのプログレッシブ・ロック(プログレ)バンドです。
ギタリストの ロバート・フリップ(Robert Fripp) を中心に、クラシックやジャズ等の要素を大胆に取り入れた先鋭的な音楽性で、ロック史に名を残す孤高の存在となっています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

キリンビール「コクの時間」CM曲『A Lover’s Concerto』サラ・ヴォーン

2009年12月28日

原田芳雄、綾那 が出演している、キリンビール コクの時間「ひと手間の幸せ篇」CM曲に サラ・ヴォーン が歌う『 ラヴァーズ・コンチェルト(A Lover's Concerto) 』が使用されています。

サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan) は1940年代から活躍するアメリカの黒人女性ジャズ・シンガーです。
アメリカのガールズ・グループ ザ・トイズ(The Toys) が1965年に発表した、 バッハ の『 メヌエット 』を元に作られたポップソング『 ラヴァーズ・コンチェルト 』を同年にカバーしヒット。以降、ドラマ「 不機嫌なジーン 」主題歌に使用されたり、CM等でよく使用される名曲です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。