Nat King Cole(ナット・キング・コール)

アサヒ チューハイ 果実の瞬間 「ジャポーン 篇」CM曲『L-O-V-E(ラヴ)』ナット・キング・コール

2010年03月17日

上野樹里が出演しているアサヒビール(Asahi)のチューハイ“果実の瞬間”CM「ジャポーン 篇」CM曲にジャズ・スタンダード曲『 L-O-V-E(ラヴ) 』が使用されています(CMオリジナルアレンジ)。

L-O-V-E 』はドイツの作曲家 ベルト・ケムプフェルト 「The Very Best of Bert Kaempfert」Amazonで見る が1964年に発表したインスト曲がオリジナルで、1965年に ナット・キング・コール が歌い大ヒット。それ以降、スタンダード曲として数々のアーティストにカバーされています。
この記事では ナット・キング・コール の代表曲などを掲載しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ANA「すべての空でダブルスマイル 篇」CM曲ジャズ・スタンダード『Smile』チャールズ・チャップリン

2010年03月14日

ANAのダブル“スマイル”キャンペーンCM「すべての空でダブルスマイル 篇」CM曲にジャズ・スタンダード曲『 スマイル(Smile) 』が使用されています(CMオリジナル、歌手等は不明)。

この楽曲は チャールズ(チャーリー)・チャップリン(Charles Chaplin) が自身の映画「 モダンタイムス (1936年/米)」の挿入曲として作曲したもので、彼の代表曲の一つ。1954年に詞が付けられてからジャズ/ポップスのスタンダード曲として、 ナット・キング・コール をはじめ、 マイケル・ジャクソンダイアナ・ロスエルヴィス・コステロ ほか、数多くのアーティストに歌われています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

シャネル ココマドモアゼル(CHANEL Coco Mademoiselle)CM曲-『L-O-V-E』by ジョス・ストーン(Joss Stone)-ナット・キング・コール(Nat King Cole)のカバー

2008年03月16日

シャネル ココマドモアゼル(CHANEL Coco Mademoiselle)のCM曲に ジョス・ストーン(Joss Stone) が歌う ナット・キング・コール(Nat King Cole) が1965年に発表・ヒットさせた楽曲『 L-O-V-E 』のカバー曲が使用されています。

この曲は2004年に公開された日本映画「 スウィングガールズ 」のエンディング曲としてもおなじみの曲です。
今のところ(08/03/16現在)、 ジョス・ストーン 版『 L-O-V-E 』のCD音源は発表されていませんが、デジタルシングルとしてiTunes Storeや着うた等で配信されています。
■続きを読む・曲を視聴する>

全日空(ANA)の「夢見るヒコーキ。ANA/あこがれのJAZZ CLUB」篇CM曲-『Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)』

2008年03月01日

航空会社の全日空(ANA)の「夢見るヒコーキ。ANA/あこがれのJAZZ CLUB」篇のCM曲にジャス・スタンダード曲『 Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン) 』が使用されています。
CMで使用されているのはCM用のオリジナルで、歌っているのは、色々な企業CMで歌っているシンガー・ソングライターの ギラ・ジルカ さん。(08/03/11現在、CD化の予定は無さそうです。)

この楽曲が最初に発表されたのは1954年で、曲のタイトルも違うものでした。その後、タイトルを『 Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)』と変えられ、様々なアーティストにカバーされています。

特に有名なのは、アメリカのジャズ・シンガー フランク・シナトラ(Frank Sinatra) が1964年に発表したカバーだと思います。 近年の日本だと、アニメ映画「 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」のタイアップで使用された 宇多田ヒカル によるカバーが有名ですね。
■曲を聴く・動画を見る>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。