Jean Lumiere(ジャン・リュミエール)

オススメのフレンチ・ポップス/シャンソンの名曲・アーティスト

2008年05月18日

iTuneJacketIMG.jpg
シャンソンはフランス語で<歌>を意味する言葉で、特に音楽性を指す言葉では無いのですが、日本では、基本的にフランスのフランス語による歌謡曲をシャンソンと呼んでいます。
元々フランス以外の国で作られた曲がフランス語でカバーされた結果、シャンソンとして認知されるようになった曲も数多くあります。

“フレンチ・ポップス”は、ビートルズの世界的ヒット等によって、1960年代後半から70年代前半にかけて流行した、R&BやR&Rのリズムを取り入れたフランス語ポップスのスタイル「イエイエ(Ye-ye)」と、 1955年に発表された、男性を振り回す少女性をテーマとしたウラジミール・ナボコフの小説『ロリータ』の影響で数多く輩出された、少女性とエロティシズムが同居するロリータ・アイドル流行が重なった事で、 フランスのアイドル歌謡曲が世界でヒットし、日本ではこれらの音楽が“フレンチ・ポップス”と呼ばれるようになりました。
フランス本国では流行歌/ポップス曲という認識なので“フレンチ・ポップス”という概念自体存在しないそうです。

たっぷりと感情を表現するシャンソン、 キュートでポップなフレンチ・ポップス、どちらも、とても魅力的なアーティストが多いジャンルの一つです。

この記事はまとめ記事です。最新の情報が反映されるのには時間がかかりますので、 最新の記事はコチラからご覧ください>
■続きを読む>

ミニッツメイド(Minute Maid)のCM曲-『Le temps des cerises(桜んほの実る頃)』by ジャン・リュミエール(Jean Lumiere)

2008年04月13日

コカ・コーラ社の清涼飲料ミニッツメイド(Minute Maid)のCM「ピングレの木」篇のCM曲として『 Le temps des cerises(桜んほの実る頃) 』が使用されています。 CMではオリジナルアレンジ版が使用されているようで、アーティスト等は不明です。

この曲は1866年に作曲され、様々なシャンソン歌手に歌われてきたフランスのシャンソンを代表する歌曲で、 音源として残されているうち、古いものにフランスの歌手 ジャン・リュミエール(Jean Lumiere) が1936年に発表したものがあります。
同曲は1992年に公開された宮崎アニメ映画「 紅の豚 」で 加藤登紀子 によるカバーが挿入歌として使用されていました。
■続きを読む・曲を視聴する>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。