George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン)

セコム(SECOM)企業CM「世界の街角篇」CM曲『ラプソディ・イン・ブルー』ジョージ・ガーシュウィン

2010年01月29日

セキュリティ・防犯・警備会社 セコム(SECOM)の企業CM「世界の街角篇」CM曲に ジョージ・ガーシュウィン の楽曲『 ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue) 』が使用されています(CMオリジナルアレンジ)。

ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin) は1920年代〜1930年代に活躍したアメリカの作曲家で、まだ歴史が浅く独自の文化が少なかったアメリカに「アメリカ音楽」を確立した人物です。
彼の代表曲の一つ『 ラプソディ・イン・ブルー 』は TVドラマ「 のだめカンタービレ (2006年)」のエンディングテーマとしてもおなじみの曲です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

野村不動産プラウド(PROUD)CM曲-『Someone To Watch Over Me』by ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)

2008年04月13日

女性がクルーザー(プレジャーボート)に乗った映像が美しい「世界一の時間へ」というキャッチフレーズの野村不動産プラウド(PROUD)CMのジャズの曲はアメリカの作曲家 ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin) が作曲した『 Someone To Watch Over Me(誰かが私をみつめてる(やさしい伴侶を)) 』です。

この曲は1927年に、ミュージカル「 オー、ケイ 」のために作った曲で、1992年にもミュージカル「 クレイジー・フォー・ユー 」で使用されました。
■続きを読む・曲を視聴する>

JR東海「さあ、スムースに行きましょう」2008年3.15ダイヤ改正のCM曲-ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)作曲のミュージカル曲『But Not For Me』

2008年03月16日

「さあ、スムースに行きましょう」というキャッチフレーズが印象的なJR東海の2008年3月ダイヤ改正のCM曲として、アメリカの作曲家 ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin) が作曲した、ミュージカル曲『 But Not For Me 』が使用されています。

CMで使用されているのはCM用のオリジナル・カバーのようで、元曲の“But Not For Me(私のためではない)”という歌詞がCMに合わせて“Smooth Journey(スムースに行きましょう)”に変更されています。
■続きを読む・曲を視聴する>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。