Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

映画『ハッピーフライト』の主題歌-『Come Fly With Me(「カム・フライ・ウィズ・ミー)』by Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

2008年11月08日

映画「 ウォーターボーイズ (2001年/日本) 」「 スウィングガールズ(2003年/日本) 」等のヒット映画を手がけた 矢口史靖 監督の新作映画「 ハッピーフライト 」の主題歌に、アメリカのジャズ/ポピュラー歌手 フランク・シナトラ の楽曲 『 Come Fly With Me(「カム・フライ・ウィズ・ミー) 』が起用されました。

この出演するのは、田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、寺島しのぶ、吹石一恵ら豪華キャストで、 航空業界のドタバタをコミカルに描いたドラマ。撮影は、全日空(ANA)の全面協力のもと、本物のジャンボジェット機を使用して行われたそうです。
最近のANAのCMでも フランク・シナトラ の代表曲として有名な『 Fly Me To The Moon 』が使用されていました。
■曲を聴く・動画を見る>

吹石一恵 出演のミサワホーム(MISAWA HOMES)CM曲-『Dream(ドリーム)』by Johnny Mercer(ジョニー・マーサー)作曲のジャズの名曲

2008年05月21日

Dream
※画像はスザンナ・マッコークルのカバー収録

女優の 吹石一恵 が出演するミサワホーム(MISAWA HOMES)のCMにジャズの名曲『 Dream(ドリーム) 』が使用されています。
「有効空間拡大の法則」の「告知」篇ではボサ・ノヴァ、「ミサワホームイング」の「人生ing」篇ではジャズと、それぞれ違うアレンジがいい感じですね。

CMで使用されているのはCM用に制作されたオリジナルのようで、歌っているアーティストは不明ですが、 元々この曲は『 ムーン・リバー 』や『 酒とバラの日々 』などを作詞したアメリカの作詞・作曲家 ジョニー・マーサー(Johnny Mercer) が1944年に書いた名曲で、1945年に フランク・シナトラ が歌っていた他、様々なアーティストがこの曲を歌っています。
■続きを読む・曲を視聴する>

ANA(全日空)「プレミアムクラス」CM曲-『Strangers In The Night(夜のストレンジャー)』by Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

2008年03月28日

俳優の三國連太郎・佐藤浩市 の親子が出演するANA(全日空)プレミアムクラスCM「地上篇」「上空篇」のCM曲として『 Strangers In The Night(夜のストレンジャー) 』が使用されています。

この曲は作曲者 ベルト・ケンプフェルト(Bert Kaempfert) が率いる楽団が1965年のアメリカ映画「 ダイヤモンド作戦 」の主題歌として発表したものがオリジナルで、1967年にゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞しています。
1966年に フランク・シナトラ によるカバーがビルボード1位の大ヒットし、同年度のグラミー賞の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞しています。
■続きを読む・曲を視聴する>

JR東海「さあ、スムースに行きましょう」2008年3.15ダイヤ改正のCM曲-ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)作曲のミュージカル曲『But Not For Me』

2008年03月16日

「さあ、スムースに行きましょう」というキャッチフレーズが印象的なJR東海の2008年3月ダイヤ改正のCM曲として、アメリカの作曲家 ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin) が作曲した、ミュージカル曲『 But Not For Me 』が使用されています。

CMで使用されているのはCM用のオリジナル・カバーのようで、元曲の“But Not For Me(私のためではない)”という歌詞がCMに合わせて“Smooth Journey(スムースに行きましょう)”に変更されています。
■続きを読む・曲を視聴する>

全日空(ANA)の「夢見るヒコーキ。ANA/あこがれのJAZZ CLUB」篇CM曲-『Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)』

2008年03月01日

航空会社の全日空(ANA)の「夢見るヒコーキ。ANA/あこがれのJAZZ CLUB」篇のCM曲にジャス・スタンダード曲『 Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン) 』が使用されています。
CMで使用されているのはCM用のオリジナルで、歌っているのは、色々な企業CMで歌っているシンガー・ソングライターの ギラ・ジルカ さん。(08/03/11現在、CD化の予定は無さそうです。)

この楽曲が最初に発表されたのは1954年で、曲のタイトルも違うものでした。その後、タイトルを『 Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)』と変えられ、様々なアーティストにカバーされています。

特に有名なのは、アメリカのジャズ・シンガー フランク・シナトラ(Frank Sinatra) が1964年に発表したカバーだと思います。 近年の日本だと、アニメ映画「 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」のタイアップで使用された 宇多田ヒカル によるカバーが有名ですね。
■曲を聴く・動画を見る>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。