Eric Clapton(エリック・クラプトン)

NISSAN JUKE(日産ジューク)CM曲『サンシャイン・ラブ(Sunshine of Your Love)』クリーム(Cream)[原曲]

2010年11月09日

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム
※↑画像は原曲収録CD

日産自動車(NISSAN)のコンパクトカー“JUKE(ジューク)” のCM「ロックン・スモール ターボ 篇 」CM曲に オリアンティ がカバーする クリーム の楽曲『 サンシャイン・ラブ(Sunshine of Your Love) 』が使用されています。

クリーム(Cream) は1966年にデビューしたイギリスの3人組ブルースロック・バンドで、ジャズ/ブルース/サイケデリックを融合させ即興的で高度な演奏を聴かせてくれる、スリーピース・ロック・バンドの最高峰。 三大ギタリストの一人 エリック・クラプトン がメンバーだったことでも有名です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

マクドナルド ジューシーチキンセレクトCM曲『Sweet Home Chicago』ロバート・ジョンソン

2010年08月18日

笑福亭 鶴瓶 が出演しているマクドナルドのCMジューシーチキンセレクト「素顔篇」CM曲に ロバート・ジョンソン の『 Sweet Home Chicago(スウィート・ホーム・シカゴ) 』が使用されています(CMカバー版のアーティスト等は不明)。

ロバート・ジョンソン(Robert Johnson) は1920年代〜30年代に活動したアメリカ黒人ブルース・ミュージシャンで、 一人で弾き語るスタイルでありながら、一発録音・一人演奏とは思えない厚みのあるサウンドを生み出すことのできる驚くべきギターテクニックを持っており、 伝説的ブルース・マンとして、その後のロック/ブルース等、アメリカの音楽に多大な影響を残しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

サッポロビール オフの贅沢「欲ばりな男 篇」CM曲『虹の彼方に』映画「オズの魔法使」より

2009年11月09日

俳優の 大森南朋、麻生久美子 が出演しているサッポロビール(SAPPORO)オフの贅沢のCM「欲ばりな男 篇」CM曲に、1939年に公開されたアメリカのミュージカル映画「 オズの魔法使 」の劇中歌『 (Somewhere)Over The Rainbow(オーバー・ザ・レインボー/邦題:虹の彼方に) 』が使用されています。

主人公を演じる ジュディ・ガーランド(Judy Garland) が歌った『 オーバー・ザ・レインボー 』は公開以降、スタンダード・ナンバーとして世界的に親しまれ、数多くのアーティストにカバーされている名曲です。
■続きを読む・曲を視聴する>

ドラマ「天国で君に逢えたら」挿入歌/CM曲『Tears In Heaven』エリック・クラプトン

2009年09月22日

嵐 の 二宮和也 主演ドラマ「天国で君に逢えたら」の挿入歌/番宣CM曲に エリック・クラプトン の『 Tears In Heaven(ティアーズ・イン・ヘヴン) 』が起用されました。

エリック・クラプトン(Eric Clapton) はイギリス出身のギタリスト/ミュージシャンで、 ジェフ・ベックジミー・ペイジ と共に、“3大ギタリスト”の一人に数えられ、演奏している音数からは考えられないほど緩やかな手の動きでギターを奏でるスーパー・テクニックを持つことから“スローハンド”のニックネームで呼ばれています。
1963年に ルースターズ でデビュー後、後に“3大ギタリスト”が在籍していたことから伝説として語られることになる ヤードバーズ や、伝説的ブルース・ロック・バンド クリーム 等での活動を経て、ソロで活躍しています。
■続きを読む・曲を視聴する>

アサヒスタイルフリー(Asahi Style Free)CM曲-『Change the World』by Eric Clapton(エリック・クラプトン)

2008年07月27日

長瀬智也 が出演中の発泡酒アサヒスタイルフリー(Asahi Style Free)のCM曲に『 Change the World 』が使用されています。

Change the World(チェンジ・ザ・ワールド) 』この曲は1996年に女性カントリー・シンガーの ウィノナ・ジャッド(Wynonna Judd) が歌ったものがオリジナルで、1997年に ベイビーフェィス(Babyface) によるプロデュースで エリック・クラプトン(Eric Clapton) が歌ったカバーが映画「 フェノミナン 」の主題歌に使用されて大ヒットしました。
クラプトンはこの曲でグラミー賞を獲得しています。
■曲を聴く・動画を見る>

オススメのグラミー受賞曲・アルバム

2007年04月26日

Grammy Awardは、音楽業界の振興を目的に作られた賞で、年毎に審査・授賞式が行われています。 売上が高いから受賞できるとは限らず、受賞作品は独自の審査基準で決められているようです。 クオリティーが高く、歴史に残る名盤・アーティストが多く受賞しているいて、数ある音楽の文化賞の中でも一番注目が集まる賞だと言えると思います。 作曲・編曲の参考になる名曲が多いので要チェックです。 グラミー賞主要4部門の歴代受賞作品の中から抜粋して紹介します。
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2000年
1998年
1995年
1995年
1994年
1992年
1992年
1990年
■続きを読む>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。