Celtic Woman(ケルティック・ウーマン)

ポーラ B.A ザ・クリームCM曲『Ave Maria(アヴェ・マリア )』シューベルト

2009年09月18日

Classics
※画像はサラ・ブライトマン

モデルの 有規衣(ゆきえ) が出演している化粧品メーカー ポーラ(POLA)のB.A ザ・クリームCM「奇跡 篇」のCM曲に 平原綾香 がカバーする『 アヴェ・マリア 』が使用されています。

この『 アヴェ・マリア(Ave Maria) 』はオーストリアのクラシック作曲家 シューベルト が1825年に作曲した楽曲『 エレンの歌 第3番 』が原曲で、いつからか、ローマ・カトリックの礼拝でこの曲のメロディーにラテン語典礼文を載せて歌われるようになり『 アヴェ・マリア 』として定着しました。
アヴェ・マリア 』はメロディーの違う曲が複数存在していて、このCMで使用されている シューベルト のアヴェマリア の他、 グノー/バッハ のアヴェマリア、 カッチーニ のアヴェマリア と、合わせて “3大アヴェ・マリア” として広く親しまれています。
■続きを読む・動画を試聴する>

JT(日本たばこ産業)「イギリス/思いやりの扉」篇のCM曲-『The Last Rose of Summer(夏の最後のバラ/庭の千草)』アイルランド民謡

2008年07月30日

JT(日本たばこ産業)「マナーの気づき」篇のCM曲にアイルランド民謡『 The Last Rose of Summer(夏の最後のバラ/庭の千草) 』が使用されています。

アイルランドの詩人 トマス・ムア が自作の詩に、アイルランド民謡『 The Groves of Blarney(ブラーニーの木立) 』をもとにして作曲した曲で、この曲自体も『 Castle Hyde(ハイド城) 』というアイルランドの古い民謡を書き直し作られた楽曲です。
邦題の『 庭の千草 』は明治時代の作詞家 里見義(さとみ・ただし) によって作詞された日本語歌詞の題名で、単なる訳詞ではなく、原曲詞のイメージを残しながらも全く別の歌詞になっています。
■曲を聴く・動画を見る>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。