洋楽

コーセー エスプリーク プレシャス(KOSE ESPRIQUE PRECIOUS)のCM曲-『All Colourful(オール・カラフル)』by GIOVANCA(ジョヴァンカ)

2008年12月06日

サブウェイ・サイレンス
※このCDにはCM曲は未収録

コーセー化粧品(KOSE)のブランド、エスプリーク プレシャス(ESPRIQUE PRECIOUS)のCM曲に ジョヴァンカ の『 All Colourful(オール・カラフル) 』が使用されています。

Giovanca(ジョヴァンカ) は2008年にデビューしたオランダ出身の女性シンガーです。 10代からヨーロッパのファッション・モデルとして多くのファッション・ショーに参加、オランダを代表する黒人モデルとして今も活躍中で、女優としても舞台に出演するなど、多彩な才能を持っています。 ベニー・シングス 等のバンドにバッキング・ヴォーカルとして参加したのをきっかけに才能を認められデビュー。
CM曲はデジタル・シングルとして、iTunesや着うた等で08/12/17日より配信が開始されます。
■曲を聴く・動画を見る>

通販ランジェリーブランドPEACH JOHN(ピーチジョン)のCM曲-「Clumsy(クラムジー)」人気セレブR&B女性シンガー、ファーギー(Fergie)

2008年02月16日

女性物の下着を中心とする通信販売会社の人気ランジェリーブランド“PEACH JOHN(ピーチジョン)”のCMソングとして ファーギー の『 Clumsy(クラムジー) 』が使用されています。(追記091017:米ドラマ「ゴシップガール」主題歌に『Glamorous』が起用されました。)

ファーギー(Fergie) は、アメリカの女性R&B/HIP HOPシンガー、女優で、 幼少時代には子役としてドラマ等に出演の後、音楽活動をはじめ、2003年に、人気R&B/HIP HOPグループ、 ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas) の紅一点としてメンバーに加入してトップ・アーティストの仲間入りしました。
2006年にでソロデビューし、女優としての活動や、その容姿とおしゃれなファッションが女性にも受け入れられて、人気セレブ女性としても注目を集めています。
■曲を聴く・動画を見る>

デスノートのエルが主人公の映画「L change the World」主題歌・テーマ曲-『I'll Be Waiting(アイル・ビー・ウェイティング)』Lenny Kravitz(レニー・クラヴィッツ)

2008年02月10日

Lenny Kravitz Greatest Hits
※上記画像はベスト盤です。
⇒L change the World主題歌収録CD

漫画「 デスノート 」の人気キャラクター“エル”が主人公のスピンオフ映画「 L change the World(エル・チェンジ・ザ・ワールド) Amazonで見る 」の主題歌・テーマ曲として レニー・クラヴィッツ の『 アイル・ビー・ウェイティング(I'll Be Waiting) 』が採用されました。

レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz) はアメリカ出身のロック・シンガーソングライターで、1989年にほとんどの楽器を自分一人で演奏して制作された「 レット・ラヴ・ルール Amazonで見る 」でデビュー。
ロック誌等で ジョン・レノン の再来とまで言われていた実力派で、 マドンナ のプロデュースやフレンチ・ポップス歌手の ヴァネッサ・パラディ のプロデュースでも大ヒットを記録しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

オススメのグラミー受賞曲・アルバム Part2

2007年07月15日

Grammy Awardは、音楽業界の振興を目的に作られた賞です。 賞の概要についてはPart1で説明しているのでそちらをご覧下さい。 <オススメのグラミー受賞曲・アルバム Part1> 今回は1989年から遡って1979年までのグラミー賞主要4部門の歴代受賞作品の中から抜粋して紹介します。
1987年
1985年
1985年
1984年
1983年
1983年
1981年
1980年
1979年
1979年
■続きを読む>

オススメのグラミー受賞曲・アルバム

2007年04月26日

Grammy Awardは、音楽業界の振興を目的に作られた賞で、年毎に審査・授賞式が行われています。 売上が高いから受賞できるとは限らず、受賞作品は独自の審査基準で決められているようです。 クオリティーが高く、歴史に残る名盤・アーティストが多く受賞しているいて、数ある音楽の文化賞の中でも一番注目が集まる賞だと言えると思います。 作曲・編曲の参考になる名曲が多いので要チェックです。 グラミー賞主要4部門の歴代受賞作品の中から抜粋して紹介します。
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2000年
1998年
1995年
1995年
1994年
1992年
1992年
1990年
■続きを読む>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。