フォーク

ダンロップのタイヤ ビューロCM曲『スカボロー・フェア』サイモン&ガーファンクル

2009年08月18日

The Best of Simon & Garfunkel
※画像は原曲盤 ⇒CMアレンジ盤

ダンロップのタイヤ ビューロ(DUNLOP VEURO)のCM曲に、日本のアコースティックギターデュオ GONTITI(ゴンチチ) が演奏するイギリスの民謡『 スカボロー・フェア 』が使用されています。 この曲は サイモン&ガーファンクル が1967年にシングルとして発表した以降、このアレンジが定番となっています。

サイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel) は1964年に米国でデビューした ポール・サイモンアート・ガーファンクル によるポップス/フォークロック・デュオです。 映画「卒業(1967年/米)」テーマ曲『 Sound Of Silence 』や、TBS系ドラマ「人間・失格」挿入歌として使用された『 A Hazy shade of winter(冬の散歩道) 』等、日本でも定番の曲がたくさんあり、 美しいメロディーを活かしたシンプルでアコースティックなサウンドと二人の絶妙なハーモニーを聴かせてくれます。
■曲を聴く・動画を見る>

映画「20世紀少年」の挿入歌-『Like A Rolling Stone(ライク・ア・ローリング・ストーン)』by Bob Dylan(ボブ・ディラン)

2009年01月30日

漫画家浦沢直樹が原作の本格科学冒険映画「 20世紀少年(Twentieth Century Boy) 」の挿入歌に ボブ・ディラン の『 Like A Rolling Stone(ライク・ア・ローリング・ストーン) 』が使用されています。

Bob Dylan(ボブ・ディラン) は1962年にデビューしたアメリカのフォーク/ロック・シンガーです。 そのメッセージ性の高い歌詞で、詩人としてノーベル文学賞にノミネートされるほどの評価を得ています。
その後のロックに多大な影響を与えたことを考えれば、最も偉大なアーティストの一人と言っていいでしょう。
■曲を聴く・動画を見る>

映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(CHARLIE WILSON’S WAR)」主題歌-『American Pie(アメリカン・パイ)』by ドン・マクリーン(Don McLean)

2008年05月10日

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン らハリウッド・スター主演のアメリカ映画「 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 」の主題歌として ドン・マクリーン の『 アメリカン・パイ(American Pie) 』が使用されています。

ドン・マクリーン(Don McLean) は1970年にデビューしたアメリカのシンガー・ソング・ライターです。『 American Pie 』は1972年ビルボード年間ランキングで第1位となった曲で、2000年には マドンナ(Madonna) がカバーして、イギリスでNo.1ヒットとなりました。
■続きを読む・曲を視聴する>

平和・反戦を象徴する有名な洋楽の名曲

2008年03月20日

今日も世界中で争いが起きています。
自分にできることってなんだろう?
そう思いながら、平和を象徴する名曲や反戦歌を集めてみました。

『We Are The World(ウィ・アー・ザ・ワールド)』by USA For Africa
『Imagine(イマジン)』by John Lennon
『One Love(ワン・ラブ)』by Bob Marley(ボブ・マーリー)
『Have you ever seen the rain?(雨を見たかい?)』by Creedence Clearwater Revival
『99 Luftballons(ロック・バルーンは99)』by Nena
『Blowin' in the Wind(風に吹かれて)』by Bob Dylan(ボブ・ディラン)
■曲を聴く・動画を見る>

スタジオ・ジブリの映画「耳をすませば」テーマ曲『カントリーロード』-カントリー・ロック、フォークの代表的な名曲

2008年02月22日

近年、年に1回はテレビ放映されている 宮崎アニメ、スタジオ・ジブリの映画「 耳をすませば 」がちょうど放送されていたので、 この映画のテーマ曲として印象的な名曲『 カントリー・ロード(Take me home, country roads/邦題:故郷に帰りたい) 』を紹介します。

映画では 本名陽子 が歌う、この曲の原曲は ジョン・デンバー(John Denver) が1971年に発表・大ヒットした楽曲で、色々なアーティストにカバーされている名曲です。
1976年発表の オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John) によるカバーもヒットしています。
■曲を聴く・動画を見る>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。