テクノ

映画「トロン:レガシー」予告編BGM/モバゲーCM曲『Because We Can』ダフト・パンク(Daft Punk)

2010年12月24日

MUSIQUE VOL.1 1993-2005-special edition-(DVD付)
※画像はDaft Punkベスト盤
⇒映画「トロン」サウンドトラック
12月17日より公開の映画「 トロン:レガシー (Tron:Legacy/2010年/米)」予告編BGM/モバゲーとのコラボCM曲に 映画のサウンド・トラックを担当する ダフト・パンク の楽曲『 ディレズド(Derezzed) 』が使用されています。

ダフト・パンク(Daft Punk) は1994年にデビューしたフランスのテクノ/ハウス/エレクトロ・ユニットで、テクノ/ハウスをベースにロック/ニューウェーブ/ソウル/ディスコ/AOR等等、様々な音楽をごちゃ混ぜにした独特なサウンドでフランスのクラブ・シーンを席巻。
そのムーブメントは世界に飛び火し、世界のクラブ/ダンス・ミュージックに多大な影響を与え、現在までシーンの先頭で活躍しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

M-1グランプリ 出囃子(芸人登場BGM)『Because We Can』ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)

2010年12月23日

ザ・グレイテスト・ヒッツ
※画像はベスト盤
⇒出囃子収録CDはこちら
吉本興業が主催する漫才の選手権大会“ M-1(エムワン)グランプリ ”の出場芸人登場曲(出囃子)に ファットボーイ・スリム の『 ビコーズ・ウィ・キャン(Because We Can) 』が使用されています。

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim) はイギリスのDJでクラブ・ミュージック・アーティスト ノーマン・クック(Norman Cook) の活動名義の一つで、1995年以降は主にこの名義で作品を発表。
80年代中頃より、テクノ/ハウス・ミュージック界隈で活動し現在まで活躍するクラブ・ミュージックの第一人者です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

Qさま!!プレッシャーSTUDY BGM『It’s More Fun To Compute』クラフトワーク

2010年09月13日

Mix
※↑画像は91年のRemixベスト

さま〜ず、優香 が司会のテレビ朝日系列バラエティ番組“クイズプレゼンバラエティー Qさま!!”の人気コーナー“プレッシャーSTUDY”BGMに クラフトワーク の『 イッツ・モア・ファン・トゥ・コンピュート(It’s More Fun To Compute) 』が使用されています。

クラフトワーク(Kraftwerk) は1971年にデビューしたドイツの電子音楽バンドで、テクノ・ミュージックの始祖的グループです。
1974年に『 アウトバーン 』が世界でヒットし、その後のテクノ/ハウス/ディスコ等のジャンルに多大な影響を与えました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

グリコ ポッキーCM曲『ライディーン(RYDEEN)』YMO

2010年09月12日

江崎グリコのチョコレート菓子“ポッキー(Glico Pocky)”のCM「エビバテポッキー宣言 篇」CM曲に イエロー・マジック・オーケストラ の『 ライディーン(RYDEEN/雷電) 』が起用されました。
CMでは『 ライディーン 』をBGMに、 YMO メンバーが『 テクノポリス 』の冒頭に流れるヴォコーダー・ヴォイス「トキオ(TOKIO)」を思わせる「ポッキーを。」と 台詞を言う、ファンが思わずニヤリとさせられてしまう演出がされています。

イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra、略称:YMO) は、1978年にデビューした日本のテクノ・グループです。 結成以前より音楽キャリアを持っていた実力派ミュージシャンの 細野晴臣高橋幸宏坂本龍一 によるトリオ編成で、シンセサイザーとコンピュータを駆使した斬新な音楽でテクノミュージック旋風を巻き起こしました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

空から日本を見てみようBGM『FIRECRACKER』YMO

2010年09月11日

イエロー・マジック・オーケストラ(US版)
※↑画像は1stのUS盤

テレビ東京系列で放映中のバラエティ/紀行番組“空から日本を見てみよう”の空から地上にある何かを発見・クローズアップする時のBGMに イエロー・マジック・オーケストラ の『 ファイアー・クラッカー(FIRECRACKER) 』が使用されています。

イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra、略称:YMO) は、1978年にデビューした日本のテクノ・グループです。 結成以前より音楽キャリアを持っていた実力派ミュージシャンの 細野晴臣高橋幸宏坂本龍一 によるトリオ編成で、シンセサイザーとコンピュータを駆使した斬新な音楽でテクノミュージック旋風を巻き起こしました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

スターバックス ダブルショットCM曲『Smoke On The Water』セニョール・ココナッツ

2009年11月09日

カフェ・ブランド“ スターバックス”の一般販売コーヒー飲料製品「スターバックス ダブルショット(Starbucks Doubleshot)」のCM曲に セニョール・ココナッツ がカバーする ディープ・パープル の代表曲『 スモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke On The Water) 』が使用されています。

セニョール・ココナッツ(Senor Coconuts) は ドイツ出身のDJ/プロデューサーの ウーヴェ・シュミット(Uwe Schmidt) によるプロジェクトで彼は、ソロプロジェクトの アトム・ハート(Atom Heart) の他、 ラジック・ベントハウス(Lassigue Bendthaus) 等、様々な名義を使い分けながら90年代初頭から活躍している天才エレクトロ職人。
■続きを読む・曲を視聴する>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。