ロックンロール

ジョージア(GEORGIA)CM曲『A Little Less Conversation(おしゃべりはやめて)』エルヴィス・プレスリー(Elvis VS JXL)

2011年01月18日

Elvis at the Movies (Dig)
※↑画像は原曲収録CD
⇒CM使用リミックス収録CD
日本コカ・コーラの缶コーヒー飲料 ジョージア(GEORGIA)CM “男ですいません。「宣言 篇」 ”CM曲に エルヴィス・プレスリー の『 ア・リトル・レス・カンヴァセーション(A Little Less Conversation/邦題:おしゃべりはやめて) 』の JXL によるリミックスが使用されています。

エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley) は1950〜70年代に活躍したロック・シンガーで、ギネスブックに“最も成功したソロ・アーティスト”に認定され、“キング・オブ・ロックンロール”とも称される、まさにロックンロールの王者。
JXL(Junkie XL/ジャンキーXL) はオランダのDJ/音楽プロデューサーで、自身の活動と並行して コールドプレイアヴリル・ラヴィーン浜崎あゆみ 等、人気アーティスト達のリミックスを数多く手がけてる一流リミキサーとしても活躍しています。 米ドラマ「 ゴシップガール 」ED曲でも彼の曲が使用されています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

「日テレ 55(Go GO)!」日本テレビ開局55年CM曲-チャックベリー(Chuck Berry)によるロック・ロールの名曲『Johnny B. Goode(ジョニー・ビー・グッド)』を鮎川誠がカバー

2008年03月10日

「日テレ 55(Go GO)!」というキャッチフレーズの日本テレビ開局55年CM曲で、1958年に チャックベリー が発表して大ヒットしたロック・ロール定番の名曲『 Johnny B. Goode(ジョニー・ビー・グッド) 』が使用されています。

チャック・ベリー(Chuck Berry) は、アメリカのロックンロール・シンガー、ギタリストで、ロックンロールの創始者のひとり。
CMではオリジナル曲が流れるバージョンと、 シーナ&ロケッツ(Sheena & the Rokkets) のギタリスト 鮎川誠 がカバー・出演してるもの、その他何種かの出演者のバージョンが放映されています。
■続きを読む・曲を視聴する>

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。