CM曲:食品・菓子・外食関連

KRAFT(クラフト)フィラデルフィアクリームチーズCM曲『ビューティフル・ネーム』ゴダイゴ(Godiego)

2011年01月29日

森永乳業のブランド KRAFT(クラフト)の“フィラデルフィアクリームチーズ ”CM曲に ゴダイゴ の『 ビューティフル・ネーム(EVERY CHILD HAS A BEAUTIFUL NAME)[English ver.] 』が使用されています。

ゴダイゴ(Godiego) は1976年にデビューした日本のロックバンドで、 アニメ映画「 銀河鉄道999 (1979年/日本)」主題歌やドラマ「 西遊記 」主題歌『 モンキーマジック 』をはじめ、70年代末〜80年代前半に数多くのヒット曲を輩出。
本格洋楽志向のサウンドでありながらメロディアスで親しみやすい楽曲で、一般から音楽ファンまで幅広く支持を集めました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

日清カップヌードル「この味は世界にひとつ Freddie Mercury 篇」CM曲『ボーン・トゥ・ラヴ・ユー』フレディ・マーキュリー(クイーン/QUEEN)

2011年01月03日

日清食品カップヌードル(NISSIN CUP NOODLE)のCM「この味は世界にひとつ Freddie Mercury 篇 」CM曲に フレディ・マーキュリー の『 ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(I Was Born To Love You) 』が使用されています(CM用に制作された替え歌)。

フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury) は、 1973年にデビューしたイギリスのハード・ロック・バンド クイーン(QUEEN) のヴォーカリストで、1985年にはソロ・デビューアルバムを発表。シングルカットされた『 ボーン・トゥ・ラヴ・ユー 』がヒット。彼が他界した後、1995年にバンドメンバーが残された録音音源を使用しアレンジを変えたバージョンを発表。日本では、CMやドラマで使用されたこの クイーン バージョンが有名だと思います。
⇒曲を視聴する(過去記事)

日清食品カップヌードル「この味は世界にひとつ BON JOVI 篇」CM曲『禁じられた愛(You Give Love A Bad Name)』ボン・ジョヴィ

2010年11月10日

日清食品カップヌードル(NISSIN CUP NOODLE)のCM「この味は世界にひとつ BON JOVI 篇 」CM曲に ボン・ジョヴィ の『 禁じられた愛(You Give Love A Bad Name) 』が使用されています(CM用に制作された替え歌)。

ボン・ジョヴィ(Bon Jovi) は1984年にデビューしたアメリカのハード・ロック・バンドで、数多くのプラチナアルバム、ゴールドアルバムを持つモンスターバンドです。
日本での人気は洋楽としては異例な高さで、洋楽バンドのセールスとしては ビートルズ を抜いて首位獲得数歴代単独1位。
⇒続きを読む・曲を視聴する

グリコ ポッキーCM曲『ライディーン(RYDEEN)』YMO

2010年09月12日

江崎グリコのチョコレート菓子“ポッキー(Glico Pocky)”のCM「エビバテポッキー宣言 篇」CM曲に イエロー・マジック・オーケストラ の『 ライディーン(RYDEEN/雷電) 』が起用されました。
CMでは『 ライディーン 』をBGMに、 YMO メンバーが『 テクノポリス 』の冒頭に流れるヴォコーダー・ヴォイス「トキオ(TOKIO)」を思わせる「ポッキーを。」と 台詞を言う、ファンが思わずニヤリとさせられてしまう演出がされています。

イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra、略称:YMO) は、1978年にデビューした日本のテクノ・グループです。 結成以前より音楽キャリアを持っていた実力派ミュージシャンの 細野晴臣高橋幸宏坂本龍一 によるトリオ編成で、シンセサイザーとコンピュータを駆使した斬新な音楽でテクノミュージック旋風を巻き起こしました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

木村カエラ出演 明治 XYLISH(キシリッシュ)CM曲『シュガー・ベイビー・ラヴ』ルベッツ

2010年08月19日

木村カエラ が出演している明治製菓(Meiji)のキシリトール配合ガム“XYLISH(キシリッシュ)”CM 「カエラ(ダンス)篇」「カエラ(イントロ)篇」「カエラ(イントロ)篇」「カエラ(息スッキリ)篇」CM曲に ルベッツ の『 シュガー・ベイビー・ラヴ(Sugar Baby Love) 』が使用されています(CMオリジナル替え歌)。

ルベッツ(The Rubettes) は1974年にデビューしたイギリスのポップス・バンドです。 様々なアーティストにカバーされ日本でも有名な『 シュガー・ベイビー・ラヴ 』は全英1位のヒットとなった彼らのデビュー曲。その後もドゥーワップのスタイルを取り入れたキャッチーな楽曲で多数のヒットを排出し、ヨーロッパの代表的ポップ・バンドとなりました。
⇒続きを読む・曲を視聴する

マクドナルド ジューシーチキンセレクトCM曲『Sweet Home Chicago』ロバート・ジョンソン

2010年08月18日

笑福亭 鶴瓶 が出演しているマクドナルドのCMジューシーチキンセレクト「素顔篇」CM曲に ロバート・ジョンソン の『 Sweet Home Chicago(スウィート・ホーム・シカゴ) 』が使用されています(CMカバー版のアーティスト等は不明)。

ロバート・ジョンソン(Robert Johnson) は1920年代〜30年代に活動したアメリカ黒人ブルース・ミュージシャンで、 一人で弾き語るスタイルでありながら、一発録音・一人演奏とは思えない厚みのあるサウンドを生み出すことのできる驚くべきギターテクニックを持っており、 伝説的ブルース・マンとして、その後のロック/ブルース等、アメリカの音楽に多大な影響を残しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。