CM曲:映画・テレビ番組・ドラマ

映画「ソーシャル・ネットワーク」予告編CM曲『クリープ(Creep)』スカラ・アンド・コラシニ・ブラザーズ(原曲:レディオヘッド)

2011年01月15日

映画「 ソーシャル・ネットワーク 」予告編BGM/CM曲に スカラ・アンド・コラシニ・ブラザーズ がカバーする『 クリープ(Creep) 』が使用されています(原曲は レディオヘッド )。

スカラ・アンド・コラシニ・ブラザーズ(Scala & Kolacny Brothers) は1996年に結成されたベルギーの少女合唱団(聖歌隊)で、2000年にベルギーの聖歌隊コンテストで優勝し、ロックの楽曲をカバーした作品を数多く発表。 カイリー・ミノーグ のようなポップスから ニルヴァーナ のようなオルタナティブ・ロックまで幅広いジャンルのヒット曲を聖歌隊アレンジで聴かせてくれます。
⇒続きを読む・曲を視聴する

映画「僕が結婚を決めたワケ」予告編CM曲『Misery(ミザリー)』MAROON 5(マルーンファイブ)

2011年01月04日

Songs About Jane
※↑画像は1stアルバム
⇒CM曲収録CDはこちら
映画「 ダ・ヴィンチ・コード Amazonで見る 」を手がけた ロン・ハワード 監督による 1月14日公開予定の映画「 僕が結婚を決めたワケ 」予告編CM曲に マルーン5 の『 ミザリー(Misery) 』が使用されています。

マルーンファイブ(MAROON 5) は2002年にデビューしたアメリカの5人組バンドです。 ロックをベースにファンク、ソウル/R&Bサウンドを取り入れた完成度の高いコンテンポラリーな楽曲で、デビューアルバムのセールスは1000万枚を超え、グラミー賞最優秀新人賞やMTVビデオ・ミュージック・アウォーズを受賞した実力派です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

絶対に笑ってはいけないスパイ24時!番宣CM曲『NUM-AMI-DABUTZ(ナムアミダブツ)』ナンバーガール(NUMBER GIRL)

2010年12月27日

12月31日18時30分より日本テレビ系列で放送予定の「 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 」罰ゲームシリーズ最新作“ダウンタウンの大晦日スペシャル「 絶対に笑ってはいけないスパイ24時!! 」”番組宣伝CM曲BGMに ナンバーガール の楽曲『 ナムアミダブツ(NUM-AMI-DABUTZ) 』が使用されています。

ナンバーガール(NUMBER GIRL/略称:ナンバガ) は1995年に日本の福岡で結成された4人組ロック・バンドで、1999年メジャーデビュー、2002年に解散。 90年代アメリカを中心にムーヴメントを巻き起こした、オルタナティブ・ロック直系のサウンドに、独自のリズム感で日本語を乗せた 本格ロックサウンドを聴かせてくれます。
⇒続きを読む・曲を視聴する

映画「トロン:レガシー」予告編BGM/モバゲーCM曲『Because We Can』ダフト・パンク(Daft Punk)

2010年12月24日

MUSIQUE VOL.1 1993-2005-special edition-(DVD付)
※画像はDaft Punkベスト盤
⇒映画「トロン」サウンドトラック
12月17日より公開の映画「 トロン:レガシー (Tron:Legacy/2010年/米)」予告編BGM/モバゲーとのコラボCM曲に 映画のサウンド・トラックを担当する ダフト・パンク の楽曲『 ディレズド(Derezzed) 』が使用されています。

ダフト・パンク(Daft Punk) は1994年にデビューしたフランスのテクノ/ハウス/エレクトロ・ユニットで、テクノ/ハウスをベースにロック/ニューウェーブ/ソウル/ディスコ/AOR等等、様々な音楽をごちゃ混ぜにした独特なサウンドでフランスのクラブ・シーンを席巻。
そのムーブメントは世界に飛び火し、世界のクラブ/ダンス・ミュージックに多大な影響を与え、現在までシーンの先頭で活躍しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト(宇宙戦艦ヤマト)」主題歌/CM曲『Love lives』スティーヴン・タイラー

2010年11月16日

アニメ「 宇宙戦艦ヤマト 」を原作とした、SMAPの木村拓哉 主演、山崎貴 監督による実写版映画「 SPACE BATTLESHIP ヤマト 」の主題歌に スティーヴン・タイラー の『 ラヴ・リヴス(LOVE LIVES) 』が使用されています。

スティーヴン・タイラー(Steven Tyler) は、ロックバンド エアロスミス Amazonで見る のボーカルとして70年代から活躍しているアメリカ出身のロック・ミュージシャンです。
ソロ活動としては、他アーティスト作品へのゲスト参加程度で、 単独での作品は発表していませんでしたので、この映画のために書き下ろされた楽曲 『 LOVE LIVES 』がソロ・デビュー曲となります。
⇒続きを読む・曲を視聴する

NHKバラエティドラマ「祝女〜shukujo」番宣CM曲『(You Make Me Feel Like A)Natural Woman』キャロル・キング

2010年10月06日

Tapestry
↑※画像は原曲収録CD

NHKのバラエティ・ドラマ「祝女〜shukujo 」番宣CM曲に、 キャロル・キング の『 ナチュラル・ウーマン((You Make Me Feel Like A)Natural Woman) 』が使用されています(CMで流れているのは、たぶん Superfly Amazonで見る によるカバーだと思います)。

キャロル・キング(Carole King) は、1958年にデビューしたアメリカの女性シンガーソングライター・作曲家で、 1960年代には作曲家として『 ロコ・モーション 』をはじめ、数多くのヒット曲を輩出。 1970年代になると自身のソロ活動を本格的にし、1971年発表の2ndアルバム「 つづれおり(Tapestry) 」でグラミー賞4部門受賞、全米アルバムチャート15週連続1位の記録を打ち出し、シンガー・ソングライターとしての地位を確立。 同アルバムはポップス/ロックの名盤として現在まで売れ続けている歴史的名作です。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ページ上部へ


このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。