おすすめ!キュートなガールズ・ロック/女性ロック・シンガー(2000年代ガールズ・ロック・ブームの女性アーティスト)

洋楽の定番・名曲・名盤ガイド│ 2008年06月07日
キュートなガールズ・ロック

90年代に シェリル・クロウ シェリル・クロウ「Tuesday Night Music Club」Amazonで見るアラニス・モリセット アラニス・モリセット「Jagged Little Pill」Amazonで見る などの大物が続いてデビューし、それ以降、なかなか目立った女性ロックシンガーが登場することが少なくなっていましたが、 マドンナ 主宰のマーヴェリック・レコードからデビューした ミシェル・ブランチ ミシェル・ブランチ「Hotel Paper (CCCD)」Amazonで見る の登場により、停滞していた女性ロックシーンがまた注目されつつある中、2002にデビューした アヴリル・ラビーン が若者達の支持で大ブレイク。

そのおかげでアメリカに女性ロックアーティストブームが訪れ、たくさんの女性ロックアーティストがデビューするきっかけになりました。
また、女性ロックが注目が集まる中、それらのプロデューサー達がプロデュースした良質なアイドルの曲も多く発売されました。




■アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)

youtube 『My World』2002年
アヴリル の曲の中でも個人的に一番好きなのはこの曲です。 イントロのI△-Iadd9-Isus4-I△という進行のコードリフが印象的で、けっこう激しかったり勢いのある曲が多い中、さわやかでポップな感じがとても良いです。
モチロン、シングルの『 Complicated 』や、元気が出るパンク・ロックの『 Sk8er Boi 』も好きです。このアルバムは商業音楽としても全体のクオリティーが高くて良い作品に仕上がっています。
⇒Amazonで見る


■ヒラリー・ダフ(Hilary Duff)

youtube 『So Yesterday』2003年
幼少の頃より子役として現在まで主に女優として活動する彼女ですが、ディズニーチャンネルのドラマのサントラがヒットしたことから、音楽キャリアが始まり、現在はライブ活動なども行っています。
1ndアルバム「 Metamorphosis 」ではアヴリルの1stアルバム「 Let Go 」を手がけた売れっ子プロデューサー・チーム ザ・マトリックス が3曲プロデュースを担当していて、この『 So Yesterday 』もその内の一曲です。
彼女はアイドル女優のポジションの人ではありますが、好プロデュースにより、良い作品に仕上がっています。
⇒Amazonで見る


■ミシェル・ブランチ(Michelle Branch)

youtube 『The Game Of Love』2003年
2003年グラミー受賞曲!
2000年代のガールズ・ロックブームの礎を築いたのは、やはりこの人でしょう。
アイドル系ロックアーティストが持てはやされる中、実力派アーティストとして様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行っています。
この曲はそんなコラボレーション楽曲の一つで、ラテン・ロックの重鎮で名ギタリストの サンタナ 「サンタナ」Amazonで見る と競演しています。
普段はロックらしい曲が多い彼女ですが、この曲は爽やかなラテンロックで、いつもと少し違う一面が見えて、個人的にもとても好きな一曲です。
2003年にこの曲でグラミー賞を受賞したことで、その実力が認められたことはうれしい限りです。
⇒Amazonで見る


■リリックス(Lillix)

youtube 『Its About Time』2003年
こちらも マドンナ 主宰のマーヴェリック・レコードからデビューした4人組のキュートなガールズ・ロック・バンドです。
プロデューサー・チーム ザ・マトリックス を含む、多くの女性ロックのプロデュース実績を持つ豪華プロデューサー陣によって、どの曲もヒットが狙えるような聴きやすいサウンドでありながら、ロックの芯の部分はちゃんと残っている。そんな作品に仕上がっています。
⇒Amazonで見る


■ルーシー・ウッドワード(Lucy Woodward)

youtube 『Dumb Girls』2003年
これは シェリル・クロウミシェル・ブランチ を手掛けた ジョン・シャンクス がプロデュースのデビューアルバムからの曲です。
基本的な音楽のベースはロックなのですが、R&Bテイスト溢れるダンサンブルな曲もあったりと、ロックに収まらない音楽性を持っています。
ステシー・オリコ に楽曲提供するなど、ソングライターとしての才能も評価されていています。
⇒Amazonで見る


■アシュリー・シンプソン(Ashlee Simpson)

youtube 『Pieces of me』2004年
姉に歌手の ジェシカ・シンプソン を持つセレブ令嬢のポップシンガーで、この曲は1stアルバムに収録されています。
ルーシー・ウッドワード と同様に、 シェリル・クロウミシェル・ブランチ を手掛けた ジョン・シャンクス のプロデュースが冴えています。
プロデューサーの ジョン・シャンクス はこの彼女の作品「 Autobiography 」で2005年のグラミー賞を受賞しています。
⇒Amazonで見る


■リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)

youtube 『Over』2004年
スーパー・セレブなティーン・アイドルの彼女ですが、この作品は、ガールズ・ロックのブームに便乗した形でありながらも、なかなか良い作品に仕上がっています。
シングル『 Rumors 』の方が有名ですけれど、個人的にはこの『 オーバー 』がオススメです。
⇒Amazonで見る


■ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)

youtube 『Breakaway』2004年
アメリカのオーディション番組「アメリカン・アイドル」で初代優勝者としてデビューという経歴ですが、アイドルと呼ぶより、アーティストと呼ぶにふさわしい歌唱力を持っています。
映画「 プリティ・プリンセス2 「プリティ・プリンセス2」Amazonで見る 」の主題歌になっているこの曲は アヴリル が作曲で参加していて、よりロックなサウンドへ変化しています。 1stアルバムの「 Thankful 」でカーバーしている トリーネ・レイン 「Trine Rein(トリーネ・レイン)」Amazonで見る の名曲『 Just Missed The Train 』も良いですよ。
⇒Amazonで見る


■ステイシー・ジョイ・オリコ(Stacie Orrico)

youtube 『Stuck』2003年
彼女はどちらかというと、ガールズ・ロックじゃなくて、ポップスに分類されると思いますが、 ルーシー・ウッドワード からの提供楽曲もあったりするつながりで掲載。
メロディアスでありながら、コンテンポラリーなアレンジとクールな楽曲で日本でも支持され、日本で90万枚という洋楽の新人としては異例のヒットを記録。
しっかりと作られたサウンドプロダクトが素晴らしい好盤となっています。
⇒Amazonで見る
キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL  http://blog.seesaa.jp/tb/99739494
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。