映画「ラスベガスをぶっつぶせ」予告編CM曲-『Break on through』by The Doors(ドアーズ)

洋楽の主題歌・BGM│ 2008年06月01日
2008年5月31日より日本公開のアメリカ映画「 ラスベガスをぶっつぶせ/原題:21」の予告編CM曲に ドアーズ の『 Break on through 』が使用されています。

ドアーズ(The Doors) は、1967年デビューのアメリカのロックバンドで、サイケデリック〜フラワームーブメントの中で ジェファーソン・エアプレイングレイトフル・デッド と並ぶトップバンドです。
バンドのフロントマンであるヴォーカルの ジム・モリスン(Jim Morrison) は過激なパフォーマンスで逮捕されたことや、麻薬中毒死と思われるも不可解な亡くなり方など、 詩人的な世界観を持ちながらも、激しい太く短い人生を送ったことから、ロック界のカリスマとして現在も非常に評価の高いアーティストです。

■CM曲/代表曲/オススメ動画

youtube 『Break On Through』1967年
映画「ラスベガスをぶっつぶせ」の予告編CM曲

youtube 『Light My Fire(ハートに火をつけて)』1967年
定番のロック・クラシック曲!

youtube 『The End』1967年

youtube 『Touch Me』1968年

PV動画を視聴する

このサウンドがロック・ファンにはたまらないですね!
ジム の死後、2枚のアルバムを発表するも、人気が出ずに1972年に解散。1978年に彼が残したしの朗読にバンドが曲をのせ制作したアルバムを発表。 1991年には オリバー・ストーン 監督/、 ヴァル・キルマー 主演による ジム・モリスン の伝記的映画「 ドアーズ(The Doors) 」がヒットしています。

その後、新しいボーカルを迎えて再結成するも、メンバー間の権利関係でモメて ドアーズ の名前が使えなくなっています。
大部分のファンが ドアーズジム・モリスン って感じてると思うので、残りのメンバーはバンドの名前を使って、あまり変な活動はして欲しくないと思いますね。どうせやるなら、 クイーン みたいに かつてのヴォーカリストを尊重した形での存続の仕方だったらいいんですけどね。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。