SoftBank PREMIUM(ソフトバンク・プレミアム)キャメロン・ディアス出演CM曲 -スウィング・アウト・シスター(Swing Out Sister)『Breakout(ブレイクアウト)』

洋楽のテレビCM曲│ 2007年12月07日
キャメロン・ディアスが社交ダンス?している、この冬のSoftBank PREMIUM(ソフトバンク・プレミアム)CMソングにスウィング・アウト・シスターが来ましたねー。
■その他、ソフトバンクの最新〜過去のCM曲記事一覧はこちら

スウィング・アウト・シスター(Swing Out Sister)は1985年にデビューした、キーボード担当のアンディ・コーネル(Andy Connell)、ヴォーカルのコリーン・ドリュリー(Corinne Drewery)の二人編成のイギリスのポップ・デュオです。(デビュー当時はドラムを入れた3人編成。1989年に脱退)

CMソングとして使われているのは1986年発表の「ブレイクアウト(Breakout)」という曲で、日本でもヒットとしています。
他にも、「Am I The Same Girl」、「LA LA (Means I Love You) 」など、日本で有名な曲がありますが、特に1996年には、日本のテレビドラマ『真昼の月』の主題歌用に書き下ろした「あなたにいてほしい(Now You’re Not Here)」が日本で30万枚を越える洋楽売り上げ1位の大ヒットとなっています。


「Breakout」(1986年)

「あなたにいてほしい/Now You’re Not Here」(1996年)


「Am I The Same Girl 」(1992年)

「La La (Means I Love You) 」(1994年)

<iTunes Storeで曲を無料試聴・ダウンロード(1曲150円〜) Swing Out Sister
※試聴・ダウンロードにはiTunesがインストールされている必要があります。
iTunes無料ダウンロードページへiTunesダウンロード(無料)…高性能で無料試聴し放題の音楽プレイヤーソフト
iTunesMusicCard購入ページへiTunes Cards…クレジットカード不要でダウンロードできる音楽ギフトカード

スウィング・アウト・シスターは、メロディアスさとコンテンポラリーなアレンジのバランスが絶妙で、ソウルやジャズの要素がおしゃれでクオリティーが高いのが好きなんですよね。
デビュー辺りはエレクトロポップ色が強いですが、キャリアを重ねるうち、さらに洗練されジャズの要素が強くなっていきます。

オリジナル・アルバムでは、「 カレイドスコープ・ワールド(Kaleidoscope World) 」(1989年)、「 ゲット・イン・タッチ・ウィズ・ユアセルフ(Get In Touch With Yourself) 」(1992年)、「 リヴィング・リターン(The Living Return) 」(1994年)の3作品が特にオススメです。
当時流行っていたアシッド・ジャズ風サウンドを取り入れながらも、あまりマニアックになりすぎずに良質なポップスとしてまとめているのが良いですね。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。