Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)の名曲-『My Cherie Amour(マイ・シェリー・アモール)』『A Place In The Sun(邦題:太陽のあたる場所)』『For Your Love』『Superstition(邦題:迷信)』

おすすめの洋楽│ 2007年12月02日
こちらの記事でスティーヴィーのポップで特に有名な曲を取り上げましたが、まだまだ名曲はたくさんあります。

今回はオールディーズポップスとしても人気の高い「My Cherie Amour(マイ・シェリー・アモール)」、2007年に不動産関係の株式会社アトリウムの企業CMで使われた「A Place In The Sun(邦題:太陽のあたる場所)」、独自のクラヴィのプレイスタイルが後世のファンク等のブラックミュージックに大きな影響を残した名曲「Superstition(邦題:迷信)」、近年の彼の楽曲の中でも人気のあるバラードで「世界都市博'96」のテーマソングに起用された「For Your Love」を掲載しました。



「My Cherie Amour」(1969年)

「A Place In The Sun(邦題:太陽のあたる場所)」(1966年)


「For Your Love」(1995年)

「Superstition(邦題:迷信)」(1976年)

<iTunes Storeで曲を無料試聴・ダウンロード(1曲150円〜): Stevie Wonder
※試聴・ダウンロードにはiTunesがインストールされている必要があります。
iTunes無料ダウンロードページへiTunesダウンロード(無料)…高性能で無料試聴し放題の音楽プレイヤーソフト
iTunesMusicCard購入ページへiTunes Music Cards…クレジットカード不要でダウンロードできる音楽ギフトカード

ホントに良い曲揃いですねー。
スティーヴィーのアルバムは良い作品ばかりですけど、あえてその中から特にオススメのアルバムを選ぶとすれば、ミュージシャン等にも特に評価の高い『Talking Book:トーキング・ブック(1972年)』、『Innervisions:インナー・ビジョンズ(1973年)』、 『Fulfillingness' First Finale:ファースト・フィナーレ(1974年)』、『Songs In The Key Of Life:キー・オブ・ライフ(1976年)』ですかね。

あと、1995年の『Conversation Peace:カンヴァセイション・ピース』もすごくオススメ。 人力だけでヒマラヤ越えシルクロード5700kmを旅するフジテレビ系の冒険ドキュメント番組「グレート・ジャーニー」のテーマ曲としてアルバムのタイトル曲「カンヴァセイション・ピース」が使用されていましたけど、壮大な自然と楽曲がバッチリはまって良かったです。あと、「For Your Love」でグラミー賞最優秀R&&B楽曲賞を受賞しています。

「Innervisions」に収録されている「Higher Ground(ハイヤー・グラウンド)」は、ミクスチャー・ロック・バンドのRed Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) の他、色々なアーティスト達にカバーされて、ロックファンにも人気の高い曲です。
Higher Groundの動画:■Stevie Wonder オリジナル> ■レッチリ版>


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。