The Buggles(バグルス) - 『Video Killed the Radio Star(ラジオスターの悲劇)』様々なアーティストにカバーされ続ける、80's ニューウェーブ/テクノ・ポップの代表的な定番・名曲

おすすめの洋楽│ 2007年10月12日
The Buggles(バグルス)Trevor Horn(トレヴァー・ホーン)Geoff Downes(ジェフ・ダウンズ) の二人によるイギリスのニューウェーブ/テクノポップ/エレクトリック・ポップ・デュオです。

彼らの1stシングル『 ラジオスターの悲劇 』は特に人気が高くて国内外を問わず、膨大な数のカバーがされていて、ニューウェーブ/エレクトリック・ポップの代表的な定番曲になっています。
近年では、サントリーチューハイ、アワーズ(AWA'S)のCMで使用されたほか、江口洋介/財前直見主演のフジテレビ系ドラマ「 東京ラブ・シネマ 」や映画「 エンパイア・レコード 」などでも使用されていました。


■代表曲/オススメ動画

youtube 『Video Killed the Radio Star』1980年
ポップで超キュートっ♪

youtube 『Elstree』1980年
(一部に画像・音声の乱れがあります)

⇒もっとPV視聴


すごくポップでイイですね〜。
ブリティッシュ・ロック/ポップスらしいメロディアスで聴きやすい楽曲をシンセサイザー等を駆使したエレクトリック・ポップに仕上げていて、クラシカルな手法なども取り入れながら計算され構築されたサウンドはとてもすばらしく、私の好きなニューウェーブ系の中で一番かも!

Daft Punk(ダフトパンク) の『 Digital Love 』曲中のヴォーカルのラジオボイスやエレピ(エレクトリック・ピアノ)のパターンに『 ラジオスターの悲劇 』の影響が見えますね。
あと、ホーンは、ゴシップ記事ばかりで音楽的な評価があまりされてないのが残念な t.A.T.u(タトゥー) の1stアルバム(音楽的にはとても良い出来です!)のプロデュースもしていました。

1979年にデビュー、1981年頃に活動停止。
1980年には二人はプログレッシブ・ロックの代表的バンド Yes(イエス) に加入後、 トレヴァー・ホーン はZTTレコードを設立して超売れっ子プロデューサーとして活躍し、 ジェフ・ダウンズ はこれもプログレッシブ・ロックの代表的バンドの Asia(エイジア) に加入して活躍しています。

ホーン は、 イエスABCペット・ショップ・ボーイズフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド など数々のアーティストのプロデュースをし、95年には SEAL(シール) の『 Kiss From A Rose 』のプロデュースでグラミー賞を受賞しています。

こちらで↓名曲「ラジオスターの悲劇」のカバーバージョン色々紹介しています。
All・About-カヴァー曲特集〜Part 4 ラジオスターの悲劇〜世界大会1
All・About-カヴァー曲特集〜Part 5 ラジオスターの悲劇〜世界大会2
All・About-カヴァー曲特集〜Part 5 ラジオスターの悲劇〜日本大会


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。