Nena(ネーナ) - 『99 Luftballons(ロックバルーンは99)』- 反戦歌を歌うポップ・ロック・バンド時代〜母になっても良質なポップス歌い続ける女性ヴォーカリスト

おすすめの洋楽│ 2007年09月30日
女性ヴォーカルの ネーナ を中心としたドイツのバンドで、バンド名も“ ネーナ ”です。
ストレートなポップ・ロックと、ちょっと幼い感じでキュートなネーナのヴォーカルがマッチしています。
99 Luftballons(邦題:ロックバルーンは99) 』は反戦を歌詞にした世界的にヒットしたポップ・ロック・チューンで、私のお気に入りです。

2003年にテレビバラエディ番組の「 笑う犬の情熱 」のオープニングテーマとして使われてた他、その他のテレビ番組でもよくBGMで使われてたりします。
2000年にはアメリカのパンクロックバンドの Goldfinger(ゴールドフィンガー) による同曲のカバーが、自動車ホンダ・CR-VのCM曲として使用されて日本でヒット。ヨーロッパでも大ヒットとなっています。
そんな耳にされる機会が多かったこの曲を知っている人も多いと思います。

2005年に ネーナ 本人にとって久しぶりの大ヒットとなった『 Liebe ist(愛は) 』も良質なポップス曲としてかなり良いです!


■代表曲/オススメ動画

youtube 『99 Luftballons(ロックバルーンは99)』1984年
定番ポップロックナンバー!

youtube 『Liebe Ist(愛は)』2005年
大人になった現在のネーナも良いです!

⇒もっとPV視聴


99 Luftballons 』は80年代の冷戦中でベルリンの壁がまだある頃の反戦歌ですが、シリアスな感じは無く、ちょっとエレクトロなポップ・ロックで反戦歌う姿は少し哀愁を感じさせながらも前向きな姿勢が良いですね。
この曲の世界的なヒットのせいで、日本では一発屋扱いですが、本国では現在もベテランのシンガーとして活動しています。

87年のバンド解散後ソロになってからは、なかなかヒットに恵まれず地道に活動を続けながら、現在は4児の母だそうで、童謡なども歌っています。

2005年には「 Liebe ist(愛は) 」が大ヒットとなって、みごとに復活、さすがに昔のようなロックスタイルではないけれど、良質なポップスを聴かせてくれます。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。