個性的な響きのコード(3和音):Augument/Diminish/sus4

雑記│ 2007年04月07日
楽曲の中では主にメジャー・コードとマイナー・コードが使われますが、今回は楽曲中の使用頻度は少ないですが、曲のアクセントとしてコード進行の中に交えて使うことで違った雰囲気を出せたり、コード進行をスムーズに聴かせたりと、色々な効果が期待できる、ちょっと変わった響きのコードを紹介します。


個性的な響きのコード(3和音)

◇この記事の内容

【オーギュメントコード】
・オーギュメント・トライアド・コードの構成音
・色々なオーギュメント・トライアド・コード

【ディミニッシュコード / マイナー・フラット・ファイヴコード】
・ディミニッシュ / マイナーフラットファイヴの構成音
・色々なディミニッシュ / マイナーフラットファイヴ

【サスフォーコード】
・サスフォーコードの構成音
・色々なサスフォーコード


【PR】売れてる音楽理論書はコレ!
アマゾンなら、代金引換(代引宅配便)、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いも可能だから安心です。


◇オーギュメントコード
(オーギュメント・トライアド・コード / Augument Triad Chord / 増3和音)


Cメジャーコードの5thの音を半音上げてみましょう。

メジャーコードの5thを半音上げる

ちょっと、不思議な感じの響きになったと感じませんでしたか?
この独特な響きのコードがオーギュメント・トライアド・コードです。


オーギュメント・トライアド・コードの構成音

ルートにMajor3rd(長3度)とAugment5th(増5度)を積み重ねたコードです。

ド・ミ・ソ → ド・ミ・ソ#

といったように、メジャーコードの5度の音を半音高くすると作れます。

独特のアンニュイなの響きを持っています。

表記は、ルートの右に「aug」を付けて『 Caug 』と、このように表します。
その他に『 C+ 』、『 C(+5) 』、『 C(#5) 』と表記することがあります。


例:Cオーギュメントコードの構成音

Cオーギュメントコードの構成音

Cオーギュメントコードの音を確認する:QuickTimeが再生できるプラグインをインストールしてください。


色々なオーギュメント・トライアド・コード

Root音を変えることで色々なオーギュメントコードができます。
オーギュメントコードの構成音
← スクロールしてコードの構成音を確認できます。 →

ギターコードの確認はこちら→ GuitarChordFinderGuitarChords



◇ディミニッシュコード / マイナー・フラット・ファイヴ
(ディミニッシュ・トライアド・コード / Diminish Triad Chord / 減3和音 / Minor Flat Five / Minor b5 )



Cマイナーコードの5thの音を半音下げてみましょう。

Cメジャーコードの5thを半音下げてみましょう

気持ち悪いような、不協的な響きが感じられますか?
この響きがディミニッシュコードです。


ディミニッシュコード / マイナーフラットファイヴコードの構成音

ルートにMinor3rd(短3度)とDiminish5th(減5度)を積み重ねたコードです。
独特な緊張感のある響きを持っています。

コードの表記は本来、『 Cdim 』というように書くのですが、一般的に、この表記は4和音の『Cdim7(シー・ディミニッシュ・セブンス)』コードと解釈されてしまうので、混同を避けるために減3和音は『 Cm(b5)(シー・マイナー・フラット・ファイヴ)』と表記します。
また、『 Cm(-5)』と表記する場合もあります。

例:Cマイナーフラットファイヴコードの構成音

Cディミニッシュコード / Cマイナーフラットファイヴコードの構成音

Cディミニッシュコード/の音を確認する:QuickTimeが再生できるプラグインをインストールしてください。


色々なマイナーフラットファイヴコード

Root音を変えることで色々なマイナーフラットファイヴコードができます。
ディミニッシュコードの構成音
← スクロールしてコードの構成音を確認できます。 →

ギターコードの確認はこちら→ GuitarChordFinderGuitarChords



◇サスフォーコード
(サスペンデッドフォース / suspended 4th / sus4)



Cメジャーコードの3rdの音を半音上げてみましょう。

Cメジャーコードの3rdの音を半音上げてみましょう。

不協的なような、いい感じのような独特な響きが感じられますか?
この響きがサスフォーです。


サスフォーコードの構成音

ルートにPerfect4th(完全4度)Perfect5th(完全5度)を積み重ねたコードです。
不協感と協和感を併せ持った、個性のある響きを持っています。

表記は、ルートの右に「sus4」を付けて『 Csus4 』と、このように表します。

例:Cサスフォーコードの構成音

Cサスフォーコードの構成音

Cサスフォーの音を確認する:QuickTimeが再生できるプラグインをインストールしてください。


色々なサスフォーコード

Root音を変えることで色々なサスフォーコードができます。
サスフォーの構成音
← スクロールしてコードの構成音を確認できます。 →

ギターコードの確認はこちら→ GuitarChordFinderGuitarChords


◇まとめ


オーギュメント、ディミニッシュ、サスフォーは、楽曲で使われる頻度は少ないですが、効果的に使うことで、楽曲に深みを持たせることができるコードです。
メジャーコード、マイナーコードに慣れてきたら、これらのコードも交えて作曲してみてください。
今までより、プロっぽい曲にできるかもしれませんよ。

コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

  1. 音楽についてはまったくの門外漢です。ただdiminishに対しての単語ということですので、augument(オーギュメント)ではなくaugment(オーグメント)ではないかと思います。いかがでしょうか?
    Posted by 岩本 彰 at 2010年08月09日 11:41
  2. >岩本 彰さん
    コメントありがとうございます。
    あまり気にしたことありませんでしたけど、英語の発音としては”オーグメント”の方が近いですね。
    ただ、日本でのコードの呼び名としては”オーギュメント”も一般的で、専門書などでも表記はマチマチです。

    レゲエが日本に初めて入ってきた当時の呼び名「ラガエ」が廃れたり、スエーデンが「スウェーデン」になったりと、より語源に近い発音・表記が主流となる傾向にあるようですから、ゆくゆくは統一されていくかもしれませんね。
    Posted by の at 2010年08月09日 22:45
  3. 発音やカナ表記ではなくて完全なミススペル。aug「U」mentの「ユー」は不要。
    Posted by at 2012年04月05日 23:48
コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL  http://blog.seesaa.jp/tb/52950925
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。