メジャーコードとマイナーコードの構成音(3和音)

雑記│ 2007年04月07日
楽曲の中ではメジャー・コードとマイナー・コードが主に使われます。
多くのロック・ポップスの曲中では、使われるコードの9割以上、曲によっては100パーセント、メジャーコードとマイナーコード(セブンスやテンションコード等も含む)の組み合わせでできています。
逆にいえば、必ず曲の中で使われているコードなので、しっかり覚えましょう。
この二つのコードを覚えてしまえば、基本的なコード進行の曲を作れます。


メジャーコードとマイナーコードの構成音
◇この記事の内容

【メジャーコード】
・メジャー・トライアド・コードの構成音
・色々なメジャー・トライアド・コード

【マイナーコード】
・マイナー・トライアド・コードの構成音
・色々なマイナー・トライアド・コード


【PR】売れてる音楽理論書はコレ!
アマゾンなら、代金引換(代引宅配便)、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いも可能だから安心です。

◇メジャーコード

(メジャー・トライアド・コード / Major Triad Chord / 長3和音)


メジャー・トライアド・コードの構成音

ルート(根音)にMajor3rd(長3度)とPerfect5th(完全5度)を積み重ねたコードです。
明るい雰囲気の響きを持っています。


例:Cメジャーコードの構成音

Cメジャーコードの構成音

Cメジャーコードの音を確認する:QuickTimeが再生できるプラグインをインストールしてください。


コードの表記はルートの音名を、そのまま大文字で表した形となります。
『ド(C)』をルートとする、メジャーコードであれば、その名前は、『 C 』と表記して「シー・メジャー・コード(C Major Chord)」または「シー・メジャー・トライアド・コード(C Major Triad Chord)」と呼びます。
そのままだと名前が長く呼びにくいので、略して、「シー」、「シー・メジャー」などとされる場合の方が多いかもしれません。

例えば、ルートの音がD(レ)の音のメジャーコードであれば…

構成音 D(レ)・F#(ファ#)・A(ラ)= Dメジャー

このようになります。


色々なメジャー・トライアド・コード

Root音を変えることで色々なメジャーコードができます。
メジャーコードの構成音
← スクロールしてコードの構成音を確認できます。 →

ギターコードの確認はこちら→ GuitarChordFinderGuitarChords



◇マイナーコード

(マイナー・トライアド・コード / Minor Triad Chord / 短3和音)


メジャーコードの3rdの音を半音下げて弾いてみましょう。


いかがでしょうか?
暗い響きになったのが分かりますか?


マイナー・トライアド・コードの構成音

マイナーコードはRootにminor3rd(短3度)とPerfect5th(完全5度)を積み重ねたコードです。
暗い、寂しい雰囲気の響きを持っています。

ド・ミ・ソ → ド・ミb・ソ
といったように、メジャーコードの3度の音を半音低くするとマイナーコードになります。


例:Cマイナーコードの構成音

Cマイナーコードの構成音

Cマイナーコードの音を確認する:QuickTimeが再生できるプラグインをインストールしてください。


コードの表記はルートの音名の右に『 m 』を付けた形となります。(マイナーを表す「m」は小文字です。大文字はメジャーの意味になるのでNG)
『ド(C)』をルートとする、マイナーコードであれば、その名前は、『 Cm 』と表記して「シー・マイナー・コード(C Minor Chord)」または「シー・マイナー・トライアド・コード(C Minor Triad Chord)」と呼びます。
略して「シー・マイナー」とされる場合の方が多いかと思います。
他に、ルート音にマイナス記号を付けて『 C- 』と表記する場合もありますが、視認性が良くないので、使われることは少ないと思います。

例えば、ルートの音がD(レ)の音のマイナーコードであれば…
 
構成音 D(レ)・F(ファ)・A(ラ)= Dマイナー

このようになります。


色々なマイナー・トライアド・コード

Root音を変えることで色々なメジャーコードができます。
マイナーコードの構成音
← スクロールしてコードの構成音を確認できます。 →

ギターコードの確認はこちら→ GuitarChordFinderGuitarChords


◇まとめ


メジャーコードとマイナーコードこの二つのコードを覚えただけでも、かなり色々なバリエーションの曲を作れるようになります。
メジャーコードだけでも、3コードと呼ばれるコードの組み合わせを使って、フォークやブルース、カントリー、パンク等、色々なジャンルの音楽が作れます。
さらに、マイナーコードも加えれば、シンプルなものであれば、一般的なヒット曲的な曲のコード進行も作れます。

次回は、それほど曲の中で使われないけれど、曲のアクセントとしてコード進行の中に少し入れると違った雰囲気を出せたり、コード進行をスムーズに聴かせたりと、色々な効果が期待できる、ちょっと特殊なコードを紹介します。

コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

  1. Where the earth is rotting away
    すぐ届いたし、送料無料でうれしいです。いい思い出が手に入りました。La'crymaChristiとしての最後のツアー、最後のアルバムの名前を冠した「Wheretheearthisrottingaway..
新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。