lesson6 - 音と音との高さの関係

雑記│ 2007年04月07日
lesson2では半音、全音という音の高さの関係を紹介しました。
それでは、それ以上に音同士が離れている場合は何と表すでしょうか?

2つの音の高さの関係(高さの距離)は「音程」で表します。
今回はこの音程について説明していきます。
ポップス・ロックの曲の土台となるコードを理解するために、音程関係は特に重要です。

◇この記事の内容
・音程
・音程の種類
・音程の名前
・音程の相互関係
・音程の転回


【PR】売れてる音楽理論書はコレ!
アマゾンなら、代金引換(代引宅配便)、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いも可能だから安心です。


◇音程


2つの音の高さの関係(高さの距離)を音程といい、音程は、度(Degree:ディグリー)という単位で表します。

音(基準となる音)← 高さの距離(音程) →音(比較する音)

高さの距離とは、基準とする音から比較する音まで半音何個分あるかということ。


◇音程の種類


音程は響き方によって、次のように分けられています。

●完全音程……非常にきれいに響く音程

●不完全音程…多少、不安定だが比較的きれいに響く音程

●不協音程……その他の音程

これは、こんなことがあるよ程度に覚えておけば良いです。


◇音程の名前


2つの音の響き方と、どのくらい離れているかによって音程の名前が付けられています。

1オクターヴ内の音程は以下のようになっています。

基準となる音自身の高さが完全1度となります。
基準となる高さから半音何個分先の音なのかで音程がわかります。

音程の名前
音程
←スクロールして基準となる音と他の音との音程を確認できます→

◇音程の種類の略号

完全音程…P(Perfect)
長音程……M(Major)※大文字!
短音程……m(Minor)※小文字!
増音程……aug(Augument)
減音程……dim(Diminish)

◇音程略号の例(読み方)

M3 = Major 3 rd (メジャー・サード)= 長3度
m3 = Minor 3 rd (マイナー・サード)= 短3度
aug4 = Augument 4 th(オーギュメント・フォース) = 増4度
dim5 = Diminish 5 th (ディミニッシュ・フィフス)= 減5度


◇音程の相互関係


音程の相互関係は次のようになっています。

音程の相互関係

完全音程のグループ(1、4、5、8度)と、その他の音程(2、3、6、7度)で、呼び方に違いがあります。


◇音程の転回


ある音を基準に何度かと言ったとき、上(高い方)なのか、下(低い方)なのかで、違う音になることがあります。

何度下(低い)という言い方もあるので、注意しましょう。

たとえば … C(ド)の完全5度上の音はG(ソ)ですが、

C(ド)の完全5度下の音はF(ファ)になります。
音程の転回

音の相互関係に注意しましょう。


音程を理解できたら、コードも理解できるようになります。
音楽は、基準とする音との相対的な音程関係で成り立っています。
しっかり把握できるようにしましょう。

コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。