木村カエラ出演 明治 XYLISH(キシリッシュ)CM曲『シュガー・ベイビー・ラヴ』ルベッツ

洋楽のテレビCM曲│ 2010年08月19日
木村カエラ が出演している明治製菓(Meiji)のキシリトール配合ガム“XYLISH(キシリッシュ)”CM 「カエラ(ダンス)篇」「カエラ(イントロ)篇」「カエラ(イントロ)篇」「カエラ(息スッキリ)篇」CM曲に ルベッツ の『 シュガー・ベイビー・ラヴ(Sugar Baby Love) 』が使用されています(CMオリジナル替え歌)。

ルベッツ(The Rubettes) は1974年にデビューしたイギリスのポップス・バンドです。 様々なアーティストにカバーされ日本でも有名な『 シュガー・ベイビー・ラヴ 』は全英1位のヒットとなった彼らのデビュー曲。その後もドゥーワップのスタイルを取り入れたキャッチーな楽曲で多数のヒットを排出し、ヨーロッパの代表的ポップ・バンドとなりました。

■オススメ動画

1.youtube Sugar Baby Love /1974年/The Rubettes
 …全英チャート1位獲得の代表曲。米ビルボード37位

2.youtube Tonight /1974年/The Rubettes
 …全英12位、日本でもヒットしました。

3.youtube Juke Box Jive /1974年/The Rubettes
 …全英3位。同年に沢田研二がカバーしてます。

4.youtube I Can Do It /1975年/The Rubettes
 …全英7位。軽快なロックンロール!

5.youtube Sugar Baby Love /1988年/Wink
 …ウィンクのカバー。ドラマ「熱っぽいの!」主題歌。


どの曲もキャッチーで良いですね。
50's〜60'sのドゥ・ワップ・スタイルに ビーチ・ボーイズ Amazonで見る の影響も垣間見れるコーラス・ワーク、ポップなサウンドが素晴らしい♪ 『 シュガー・ベイビー・ラヴ 』はドラマの主題歌に使用された Wink のカバー、やドラマ「 ウォーターボーイズ 」劇中で使用されたことで日本でもおなじみ。
ルベッツ は作詞作曲を手がけているプロデューサーの ウェイン・ビッカートン&トニー・ワディングトン コンビがオーディションによって集めたグループですが、 キャッチーかつノスタルジック、完成度の高い楽曲で人気を博したのは、同時代の ベイ・シティ・ローラーズ に通じますね。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。