ドラマ「不毛地帯曲」ED曲『Tom Traubert's Blues』トム・ウェイツ

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月16日
10月15日より放送開始の 唐沢寿明 主演のフジテレビ系列ドラマ「不毛地帯曲」のエンディングテーマ曲に トム・ウェイツ の『 トム・トルバーツ・ブルース(Tom Traubert's Blues) 』が使用されています。(主題歌/OP曲は坂本龍一

トム・ウェイツ(Tom Waits) は1973年にデビューしたアメリカのシンガーソングライターで、 ルイ・アームストロング に通じる味わい深い“しゃがれ声”、 ボブ・ディラン の影響も垣間見える独特な詞世界で「酔いどれ詩人」と呼ばれており、 男くさい危険な香りを内包しながらも美しくも優しいロマンチックなジャズ・ブルース/フォークを聴かせてくれます。


■ED曲/代表曲/オススメ動画

youtube 『Tom Traubert's Blues』1976年
ウェイツ初期の名曲

youtube 『Downtown Train』1985年
ロッド・スチュワートにカバーされ大ヒット

youtube 『Ol' 55』1973年
イーグルスもカバーした佳曲

youtube 『Earth Died Screaming』1992年
映画「12モンキーズ」挿入曲

⇒もっとPV視聴


渋いっ!地味ながらも、しみじみ聴ける良い曲が多いんですよね。
音楽性はちょっと違いますが、元恋人の リッキー・リー・ジョーンズ もすごく大好きなんでオススメ。

彼は玄人好きされるアーティストで、 キース・リチャーズエルヴィス・コステロ 等、彼に敬意を表すミュージシャンも多くて、彼の影響を公言する日本のアーティストも多数居たりと、ミュージシャンズ・ミュージシャンって感じの存在。 そんな流れから特に90年代以降は評価が高まり、1992年にグラミー最優秀オルタナティヴ・レコード賞を獲得しています。

彼のアルバムで特にオススメは1985年の「 レイン・ドッグ(Rain Dogs) 」ですね。 キース・リチャーズ がゲスト参加し、収録曲 『 ダウンタウン・トレイン 』が ロッド・スチュワート にカバーされて大ヒットし代表作の一つと数えられています。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。