大和証券企業CM「PLAYING FOR CHANGE」CM曲『スタンド・バイ・ミー』プレイング・フォー・チェンジ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年10月12日
大和証券グループのキャンペーンCM「PLAYING FOR CHANGE」のCM曲にスタンダードR&B楽曲『 スタンドバイミー 』が使用されています。

「PLAYING FOR CHANGE(プレイング・フォー・チェンジ)」はグラミー受賞経験を持つアメリカのプロデューサー マーク・ジョンソン が立ち上げたプロジェクトで、 無名のストリートミュージシャンを中心に100人以上のミュージシャンが歌う『 スタンドバイミー 』や ボブ・マーリー の『 ワン・ラブ(One Love) 』等の名曲カバーを収録。
このキャンペーンCMは「大和証券グループ篇」「ダイワ・ダイレクト篇」「ダイワスピリット篇」「大和証券篇」「大和証券グループ篇」「ダイワファンドラップ篇」の6篇が放送される予定です。


■CM曲/オススメ動画

youtube 『Stand By Me』2009年
大和証券企業CM曲
R&Bの定番曲ですね

youtube 『Don't Worry』2009年
キャンペーン第2弾CM曲
プロジェクトのオリジナル曲みたいです

youtube 『One Love』2009年
原曲はボブ・マーリーの代表曲

youtube 『War/No More Trouble』2009年
原曲はボブ・マーリーの反戦歌

⇒もっとPV視聴


Stand by Me(スタンド・バイ・ミー) 』は、黒人コーラスグループ ドリフターズ(The Drifters) の元リードヴォーカルで1960年にソロに転向した“ ベン・E・キング(Ben E. King) が1961年に発表、大ヒットしたのがオリジナルです。 ジョン・レノン をはじめ多くの歌手にカバーされているオールディーズ/R&Bの定番になっている名曲です。

プロジェクトについて【Amazonから引用: 10年前からロケをスタートし、南アフリカ,中東,ヒマラヤなどをめぐり最新のモバイル・テクノロジーを使い100人以上のミュージシャン(コンゴ、イスラエル、ネパール、インド、アイルランド、アメリカ、ロシア、スペイン、ブラジル、ジンバブエ、ヴェネゼエラ、フランスなどの国などのミュージシャンに混じり、スペシャル・ゲストとしてU2のBONO,BOB MARLEY,KEB'MO',AFRO FIESTAなどの面々も参加)の演奏/歌を録画,録音。公園や道端、丘の上などさまざまなはロケーションは主に屋外となっており、楽器も様々、ほとんどは世界的には無名のミュージシャンだが、それぞれの映像・録音をミックスさせることにより遠くに離れている人たちがまるで一緒に演奏しているような素晴らしい映像作品となっている。】

このプロジェクトの収益金の一部は基金として、アフリカに音楽学校、ヨハネスブルグに芸術メディアセンターを建設するなど、音楽とアートの輪を世界中に広めるためのチャリティー活動の役に立てられています。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。