ドラマ「天国で君に逢えたら」挿入歌/CM曲『Tears In Heaven』エリック・クラプトン

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年09月22日
嵐 の 二宮和也 主演ドラマ「天国で君に逢えたら」の挿入歌/番宣CM曲に エリック・クラプトン の『 Tears In Heaven(ティアーズ・イン・ヘヴン) 』が起用されました。

エリック・クラプトン(Eric Clapton) はイギリス出身のギタリスト/ミュージシャンで、 ジェフ・ベックジミー・ペイジ と共に、“3大ギタリスト”の一人に数えられ、演奏している音数からは考えられないほど緩やかな手の動きでギターを奏でるスーパー・テクニックを持つことから“スローハンド”のニックネームで呼ばれています。
1963年に ルースターズ でデビュー後、後に“3大ギタリスト”が在籍していたことから伝説として語られることになる ヤードバーズ や、伝説的ブルース・ロック・バンド クリーム 等での活動を経て、ソロで活躍しています。


■挿入歌/代表曲/オススメ動画

youtube 『Tears In Heaven』1992年
息子の死を悼んで作られた曲

youtube 『Layla(いとしのレイラ)』1972年
おなじみ、ロックの超名曲

youtube 『Wonderful Tonight』1977年
ロック史屈指のラブソング

youtube 『Bad Love』1989年
ホンダ・アスコット CM曲

⇒もっとPV視聴


代表曲の一つでグラミー受賞の名曲『 Change the World(チェンジ・ザ・ワールド) 』はこちらの記事に掲載しています。

やっぱ、どの曲も素晴らしいなー。
彼が デレク・アンド・ザ・ドミノス 名義で発表した ロック定番の『 いとしのレイラ 』は親友だった ビートルズジョージ・ハリスン の妻との三角関係の葛藤を歌った曲で、その後 ジョージ が離婚し、みごと想いを成就して『 Wonderful Tonight 』で彼女への愛を歌いました。
そして、名バラード『 ティアーズ・イン・ヘヴン 』は、幼くして亡くなった息子を悼んで作られた楽曲で、1993年にグラミー賞の最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀ポップ男性歌手賞を受賞しています。
こう見るとホント、 クラプトン の名曲って、彼の人生を歌ったものばかりなんですよね。

彼ほど黒人音楽を愛して止まない白人アーティストは居ないと思えるほど、ブルース、R&Bに傾倒していて、特に初期ほどその傾向が強く、それゆえ逆に 独自の白人らしい“ホワイトブルース”を生み出すことに繋がりました。後年は自分が黒人にはなれないことを素直に受け入れ、自然体な音楽を作るようになったようです。 そして、これまでの功績が認められ、2000年にロックの殿堂入りを受賞ています。
キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。