ダンロップのタイヤ ビューロCM曲『スカボロー・フェア』サイモン&ガーファンクル

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月18日
The Best of Simon & Garfunkel
※画像は原曲盤 ⇒CMアレンジ盤

ダンロップのタイヤ ビューロ(DUNLOP VEURO)のCM曲に、日本のアコースティックギターデュオ GONTITI(ゴンチチ) が演奏するイギリスの民謡『 スカボロー・フェア 』が使用されています。 この曲は サイモン&ガーファンクル が1967年にシングルとして発表した以降、このアレンジが定番となっています。

サイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel) は1964年に米国でデビューした ポール・サイモンアート・ガーファンクル によるポップス/フォークロック・デュオです。 映画「卒業(1967年/米)」テーマ曲『 Sound Of Silence 』や、TBS系ドラマ「人間・失格」挿入歌として使用された『 A Hazy shade of winter(冬の散歩道) 』等、日本でも定番の曲がたくさんあり、 美しいメロディーを活かしたシンプルでアコースティックなサウンドと二人の絶妙なハーモニーを聴かせてくれます。

■CM曲/代表曲/オススメ動画

youtube 『Scarborough Fair』1967年
定番のイギリスの民謡曲

youtube 『Sound Of Silence』1965年
映画「卒業」の主題歌として有名

youtube 『Bridge over Troubled Water』1970年
ポップス史に残る感動の名曲

youtube 『A Hazy shade of winter(冬の散歩道)』1966年
ドラマ「人間・失格」挿入歌として有名

PV動画を視聴する

二人のハーモニーが素晴らしいっ!
個人的には『 Wednesday Morning,3A.M(水曜の朝、午前3時) 』や、 化粧品ブランドCLINIQUE(クリニーク)のCMに使用された『 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) (59番街橋の歌/フィーリン・グルーヴィー) 』とかもすごい好きで掲載したかったのですけど、有名な曲を優先したので、ページ容量的に掲載できず残念。
あと 細野晴臣 プロデュースによる ピチカート・ファイヴファーストアルバム 収録の可愛らしい『 59番街橋の歌 』のカバー、 バングルス が1987年にリバイバルヒットさせた 『 冬の散歩道 』のカバーもオススメ。

サイモン&ガーファンクル は何度かの解散、それぞれのソロ活動、再結成を何度か繰り替えしながらも、彼等は1990年にロックの殿堂入りを果たし、今年7月には来日公演を行い、健在ぶりを見せてくれました。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。