マネーパートナーズCM曲ペンギンが歌う『ジョイフルジョイフル』ゴスペル賛美歌

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月25日
ペンギン達がニューヨークを舞台に歌う映像が面白い 外国為替証拠金取引(FX)会社 マネーパートナーズ(Money Partners/マネパ)のCM曲に、ゴスペル/賛美歌として有名な『 ジョイフルジョイフル(Joyful, joyful) 』が使用されています。(CMアレンジ版のアーティスト等は不明)

この曲は、クラシック作曲家 ベートーヴェン 作曲の『 交響曲第9番第4楽章 』のメロディーに、1907年に歌詞が付けられたもので、有名な賛美歌の一つとなっています。
映画「 天使にラブ・ソングを2 (1993/米)」でポップス風ゴスペルアレンジで歌われたシーンが印象的で、映画に使用されたことで、日本でも有名な曲です。

■CM曲/オススメ動画

youtube 『Joyful, joyful』1993年
映画「天使にラブ・ソングを2」より。
ローリン・ヒルの歌が最高!

youtube 『Joyful, joyful』2008年
イギリスのゴスペルグループ
“ACM Gospel Choir”による歌

youtube 『Oh Happy Day』1993年
こちらも映画より。定番ゴスペル曲!

youtube 『Zion』by Lauryn Hill 1998年
SONYのCM曲にもなったローリンヒルのソロ。
彼女の歌はホントすごい。

PV動画を視聴する

映画で歌っている ローリン・ヒル(Lauryn Hill) がまだ若いですけど、彼女の歌がすごい。感動のトリハダ物ですね。 ローリン・ヒル の歌って、独特の緊迫感があって、慈愛に満ちていて、 カーティス・メイフィールド に通じるものを感じてすごく好き。

ゴスペル、賛美歌ってキリスト教じゃない人は、なかなか触れる機会って少ない(あっても結婚式くらい)と思うんですが、結構ポップス風にアレンジされたものも多いし、初心者にはこの映画のサウンドトラック盤はオススメ。
本格的な黒人ゴスペル歌唱を聴きたい方にはこちらの記事に掲載しているアレサ・フランクリンの歌がおすすめです。

あと今回、『 Joyful, joyful 』の動画をYoutubeで検索していて、たまたま見つけたグループなのですが、 イギリスBBC2のコーラス隊オーディション番組「Last Choir Standing」からデビューした、イギリスの35人編成のゴスペル・グループ ACM Gospel Choir もポップで良いです!


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

  1. ばら
    Posted by at 2011年04月20日 20:45
コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。