ハウスメイト企業CM曲-『People Get Ready』by Curtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)をハナレグミがカバー

洋楽のテレビCM曲│ 2009年02月07日
ハウスメイト企業CM「きっかけ篇」「一人暮らし篇」「二人暮らし篇」のCM曲に ハナレグミ (永積タカシ) が日本語詞でカバーする『 People Get Ready 』が使用されています。 この曲は、 カーティス・メイフィールドインプレッションズ在籍中の1965年に歌ったものが原曲で、1985年に ジェフ・ベック のアルバムで ロッド・スチュワート が歌ったカバーが有名です。

Curtis Mayfield( カーティス・メイフィールド) は、1958年にR&Bコーラスグループ インプレッションズ(Impressions) でデビュー、70年代にはソロで活躍し“ニュー・ソウル・ムーブメント”の中心を担ったアメリカのR&Bアーティストです。 TV番組「ナイナイサイズ! 」でも彼の曲が使用されています。

■CM曲/代表曲/オススメ動画

youtube 『People Get Ready』1965年
カーティスが生涯歌い続けた名曲

youtube 『Move On Up』1970年
TV番組「ナイナイサイズ! 」テーマ曲

youtube 『Gypsy Woman』1971年
SweetでCool!名曲です

youtube 『Astounded』2001年
Bran Van 3000 によるリミックス作品

PV動画を視聴する

カーティス の曲は神秘的でスイートなものから、緊張感あるシリアスなサウンドまで、すごくソウルフルで大好き。彼のカッティング・ギター・サウンドはまさしくオンリーワン。 自分の中で『 When Seasons Change 』『 So In Love 』等はハズせない曲だったんですけど、アップされてる動画がありませんでした、あと他にも紹介したい曲はたくさんあるのに、意外と公開されてる動画が少なくて残念。

ベトナム戦争で疲弊するアメリカの悲壮感ただよう中、黒人解放運動の中心人物 マルコムX が殺害され、 キング牧師 による黒人解放のメッセージが響いた、公民権運動が盛んだった激動の時代。 そんな時代の空気に呼応して、 マーヴィン・ゲイダニー・ハサウェイスティーヴィー・ワンダー 等が発表した黒人の想いが込められた音楽が“ニュー・ソウル”と呼ばれるムーヴメントに発展しました。
90年代に盛り上がった“レア・グルーヴ・ムーヴメント”で、再び評価の火が灯り、数多くのアシッド・ジャズ系バンドやR&B、HipHopアーティスト達がリスペクトしていることを公言していました。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。