オバマ大統領就任式でソウルの女王アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)が『 America(My Country 'Tis Of Thee)[アメリカ]』を歌唱

おすすめの洋楽│ 2009年01月21日
The Very Best of Aretha Franklin, Vol. 1
↑上記CDはベスト盤。この曲は未収録です。

本日(2009年01月21日)、アメリカ合衆国大統領となる バラク・オバマの大統領就任式で、 ソウルの女王 アレサ・フランクリン(Aretha Franklin) が『 America(My Country 'Tis Of Thee)[通称:アメリカ] 』を歌いましたね。
オバマ新大統領の演説も、彼らしい堂々としたものでした。

ざっと探したところ、就任式が終わる前にはもう、就任式の中継動画がYouTubeにアップされていました。 さすが、注目度が高いだけありますね。
(090222追記→)iTunes Storeで新録されたこの曲のダウンロードが開始されています。

■就任式歌唱曲/オススメ動画

youtube 『America(My Country 'Tis Of Thee)』
オバマ大統領就任式中継映像より

youtube 『America The Beautiful(うるわしのアメリカ)』
9.11同時多発テロの頃よく耳にしました

youtube 『The Rising』by Bruce Springsteen
ポスト911(米中枢同時多発テロ後の世界)の鎮魂歌。
18日のオバマ大統領就任前のイベントの映像です。

youtube 同じく就任前イベントから。
ビヨンセが歌う「うるわしのアメリカ」
イベントのトリ。最後の合唱は圧巻!

PV動画を視聴する

この曲『 America(My Country 'Tis Of Thee) 』は、一般に「アメリカ」という題名で知られているアメリカの愛国的な歌で、 1831年に サミュエル・フランシス・スミス(Samuel Francis Smith) という人物が歌詞を書いています。 メロディーは、イギリス国歌(として一般に知られている)『 God Save the Queen(女王陛下万歳/ゴッド・セイブ・ザ・クイーン) 』と同じく、古くヨーロッパに伝わる楽曲を基にしています。

ゴスペル(賛美歌)を数多く歌い、高い評価を受けてきた彼女が、歴史的な初の黒人大統領誕生の場に選ばれたのは、ベストな人選だったと思います。 寒空の中でのパフォーマンスは難しかったと思いますが、まさに“ソウルの女王”のソウルフルな歌声を聴かせてくれました。 現場で生の歌を聴いていた人たちは、さぞ感動したんでしょうね。
あと、彼女の歌う『 アメージング・グレイス 』も必聴です!


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。