金曜ドラマ ラブシャッフル(Love Shuffle)の主題歌-『Fantasy(宇宙のファンタジー)』by Earth Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年01月06日
金曜ドラマ「 ラブシャッフル(Love Shuffle) 」の主題歌に アース・ウィンド・アンド・ファイアー の『 Fantasy(宇宙のファンタジー) 』が使用されています。

Earth Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー) は1970年代〜80年代に数多くのヒット曲を輩出した1971年にデビューしたアメリカのファンク・バンドです。
バンドの中心人物 モーリス・ホワイト(Maurice White)フィリップ・ベイリー(Philip Bailey) によるツイン・ボーカルと、占星術から付けたバンド名が示すように壮大な楽曲と生のホーンセクションによる迫力あるサウンドを聴かせてくれます。

■主題歌/代表曲/オススメ動画

youtube 『Fantasy』1977年
ファンク/ソウルの超定番名曲!

youtube 『September』1978年
こちらも定番の超ヒット曲

youtube 『Getaway』1976年
超ファンキーでカッコいい!

youtube 『Let's Groove』1981年
ボコーダーボイスが印象的なディスコナンバー

PV動画を視聴する

彼らならではの壮大でドラマチックな『 Fantasy(宇宙のファンタジー) 』は歴史に残る名曲。映画「 Be Cool 」主題歌、フジTVバラエティ番組「 完全人体張本 」テーマ曲、ドラマ「 電車男 」挿入歌など、様々なメディアで使用される定番曲となっています。
September(セプテンバー) 』も同じように人気の定番曲で、 2000年放映の日テレ系ドラマ「 続・平成夫婦茶碗 」主題歌、2003年放映のGAPのCM曲、アメリカ映画「 バベル 」のサウンドトラックのほかテレビ等のBGMとして定番です。
残念ながら、バンドリーダーの モーリス は90年代中ごろよりパーキンソン病のためにライブ活動から退いてしまいましたが、現在は フィリップ を中心とし、現役で活動しています。

アース はファンクの定番ですね!
個人的には電子音の比重が高い80年代のアルバムはイマイチなんですけど、70年代、90年代の作品はどれもオススメ。

このドラマの挿入歌には バングルス の『 エターナル・フレーム/邦題:胸いっぱいの愛) 』が使用されています。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。