映画『K-20 怪人二十面相・伝』主題歌-『The Shock Of The Lightning(ショック・オブ・ザ・ライトニング)』by Oasis(オアシス)

洋楽の主題歌・BGM│ 2008年10月31日
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフによる制作で、俳優の 金城武、松たか子、仲村トオルらが出演する、 この冬公開の日本映画『 K-20 怪人二十面相・伝 』の主題歌に オアシス の『 The Shock Of The Lightning(ショック・オブ・ザ・ライトニング) 』が起用されました。

Oasis(オアシス)リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)ノエル・ギャラガー(Noel Gallagher) の“ ギャラガー兄弟 ”を中心に1991年に結成され、1994年にデビューしたイギリスのロックバンドです。
ビートルズに強く影響を受けたサウンドやメロディーメーカーとしての評価も高く、現在もUKロックのトップに君臨するバンドです。


■主題歌/代表曲/オススメ動画

youtube 『The Shock Of The Lightning』2008年
映画「K-20 怪人二十面相・伝」主題歌

youtube 『Don't Look Back In Anger』1996年
この曲収録アルバムが日本でもNo1に!

youtube 『Whatever』1995年
CMソングでおなじみ

youtube 『Lyla』2005年
SONYウォークマンCMソング


1995年発表の『 Whatever(ホワットエヴァー) 』は、2002年にソニーの“VAIO W”CMソング、2007年にトヨタの“マークXジオ(Zio)”、2009年にはアサヒビール“アサヒオフ”のCMソングとしてTVでよく耳にしました。 2005年の『 Lyla(ライラ) 』と『 Morning Glory(モーニング・グローリー) 』はSONYウォークマンCMソングとして使用されるなど日本でもおなじみです。

90年代のイギリス・ロック勢によるマンチェスター・ロック・ムーブメントの中からデビューした当時から特に人気が高くて、 ビートルズ 直系のメロディーが多くのロックファンの心を掴んで現在もトップを走り続ける、モンスターバンドです。
いつのまにか、彼らもすっかりベテランの大物バンドになってしまいましたけども、私は個人的には 1st2nd アルバムが一番好きだな。
あと、彼らのヤンチャぶりがいつもゴシップ誌を賑わしいますけど、それは現在も健在のようですね。もういい歳なんだし、そろそろ落着いてもいいのに...でも、そんな昔ながらのロックスターらしいイメージのまま走り続ける彼らだからカッコイイんですよね。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。