コーセー(Kose)化粧品ブランドFacioシリーズのCM曲-「Love The World」カップリング曲「Edge」by パフューム(perfume)

洋楽好きオススメの邦楽│ 2008年07月10日
コーセー(Kose)化粧品ブランドFacioシリーズのCM曲に perfume(パフューム) の新曲『 Love The World 』のカップリング曲『 Edge 』が起用されました。
今月(08/07/07)に発売された、このシングルがオリコン初登場1位と絶好調ですね。

前作アルバム「 GAME 」では、80'sテイストを取り入れつつも、 ダフトパンク 等のフレンチテクノや アンダーワールド 等のテクノやハウスがアレンジのベースになっていましたが『 Love The World 』では、より80'sテクノポップ色が強くなった感じで、キャッチー。一方『 Edge 』ではミニマルでディープなテクノ・ポップスに仕上がっています。

■CM曲/代表曲/オススメ動画

youtube 『Edge』2008年
Kose Facio CM曲

youtube 『Love The World』2008年
オリコン初登場1位!

youtube 『ポリリズム』2007年
ブレイクのきっかけとなった、NHK&公共広告機構
環境リサイクルキャンペーンCM曲

youtube 『シークレットシークレット』2008年
エスキモー ピノCM曲

PV動画を視聴する

perfume のメジャーデビュー間もない頃から、音楽やってる友人達の間では曲が良いって評価が高かったんですけど、まさかここまでブレイクするとは思っていませんでしたよ。

楽曲を手がけている 中田ヤスタカ 氏は、ポップスユニット capsule で2001年にデビュー。当初 capsuleピチカート・ファイヴ を彷彿させるオシャレな楽曲とビジュアルで、“ネオ渋谷系”とも呼ばれていましたけど、音・ビジュアル的にもモロだったので、当時、私はあまり興味を持たなかったのですが、序々に方向性が変化して perfume のプロデュースを担当するようになった頃からのテクノ〜ハウスのサウンドのおいしいトコ取りなサウンドに見事やられました!

しかし、中田氏はおいしいトコ取りで曲をまとめるのが上手いですねー。オリジナリティーがあると強くは言えませんが、色々な売れてるテクノの手法を取り入れながらもちゃんとJ-POPのフォーマットに収まっていて、しかもキャッチー。パクリじゃない?って言う人もいますけど、コレ、そう簡単にできるもんじゃありませんよ。どちらかというと職人的に作る人なのかなって感じ。
聴きやすいメロディーの流れで来てたのに、サビ終わりでトニック解決(メロディーの完結を強く感じさせる音)から逃げて、リスナーの期待をいい感じに裏切るって手法がよく使われていて、上手いなーって感心しながらも、さらにハマっちゃうんですよね。


キーワード
コメント

↓コメントする   ご感想など、お気軽にどうぞっ ☆ヽ(▽⌒*)

コメントする
お名前   

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

新しいコンテンツ

ページ上部へ

動画が見れない場合は
Youtubeプレイヤーが上手く表示されない場合は、 ページの 再読込(リロード) を試してください。

また、

・ページのリロード(再読込)を試しても 動画が表示されない場合
・動画が削除されているメッセージが表示される場合
・選曲ボタンを押した時プレイヤー画面下部に表示されるサムネイル画像に、楽曲リストの動画が無い場合

して管理人にお知らせください。

管理人が確認し次第、代替の動画、視聴リンクに差し替えます。
代替動画/リンクが見つからない場合や、管理人多忙の場合、すぐに対応できない場合もありますのでご了承ください。

その他、
※Flashプレイヤーが必要です。インストールされていない場合はこちらからインストールしてください。
※ブラウザのJavaScriptが「有効」でないと動画は表示されません。
このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。