過去ログ

ベネッセ 進研ゼミ 高校講座「’10 走れ。男子/女子」篇 CM曲by 會田茂一(エルマロ/FOE)

洋楽好きオススメの邦楽│ 2011年03月05日
The Worst Universal Jet Set
※画像はEL-MALOの2nd

ベネッセ進研ゼミ高校講座のCM「'10 走れ。男子 篇」「'10 走れ。女子 篇」 CM曲に 會田茂一(Gt/エルマロ,FOE,HiGE)中尾憲太郎(B/ナンバガ柏倉隆史(Dr/toe 3人のコラボバンド演奏による楽曲が使用されています( 會田茂一 作曲のCMオリジナル曲。発売未定)。

會田茂一 は日本のミュージシャン/音楽プロデューサーで、1990年代には 柚木隆一郎 Amazonで見る と、 オルタナティヴ・ロックとクラブ・ミュージックを融合させたギター・ロック・ユニット エルマロ(EL-MALO) を中心に活躍。後にソロ活動を開始し、2005年には 木村カエラ Amazonで見る の『 リルラ リルハ 』を作編曲・プロデュースで大ヒットさせています。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ホンダ フィット シャトル(HONDA FIT SHUTTLE)CM曲『Quando Quando Quando』エンゲルベルト・フンパーディンク

洋楽のテレビCM曲│ 2011年03月03日
ホンダ(HONDA/本田技研工業)の小型自動車“フィット シャトル(FIT SHUTTLE)”のCM 「ハイウェイ 篇 」CM曲に エンゲルベルト・フンパーディンク が歌う『 情熱のクァンド・クァンド・クァンド(Quando Quando Quando) 』が使用されています(原曲はイタリアン・ポップス歌手のトニー・レニス)。

エンゲルベルト・フンパーディンク(Engelbert Humperdinck) は1960年代〜70年代に活躍したイギリスのポピュラー音楽歌手で、ロマンチックな楽曲と甘い歌声から“キング・オブ・ロマンス”と呼ばれ女性からの高い支持を得ました。 『 ラスト・ワルツ 』『 愛の花咲くとき 』等、日本でも多くのヒット曲を輩出しています。
⇒続きを読む・曲を視聴する
新しいコンテンツ

ページ上部へ

このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。