過去ログ

ドラマ「ゴシップガール/Gossip Girl」ED/CM曲『Cities in Dust』ジャンキーXL

洋楽のテレビCM曲│ 2009年10月20日
アメリカの青春恋愛ドラマ「 ゴシップガール(Gossip Girl) 」ED曲/テレビCM曲に ジャンキーXL の『 Cities in Dust(シティズ イン ダスト) 』が使用されています。(主題歌はこちらの記事に掲載)

ジャンキーXL(Junkie XL/JXL) はオランダ人ミュージシャン トム・ホーケンバーグ(Tom Holkenborg) によるソロプロジェクトで、1998年頃にアメリカに移りソロアーティストとして活動を開始。 エルヴィス・プレスリー の曲のリミックスが世界的評価を受け、 以降、自身の作品制作と並行して コールドプレイブリトニー・スピアーズアヴリル・ラヴィーン の他、 浜崎あゆみmelody. 等、人気アーティスト達のリミックスを数多く手がけてる一流リミキサーとしても活躍しています。
■続きを読む・曲を視聴する>

映画「サイドウェイズ」主題歌『Time After Time』シンディ・ローパー

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月19日
2004年度アカデミー賞脚色賞受賞ハリウッド映画「 サイドウェイ 」の、小日向文世、生瀬勝久 等、日本人俳優によるリメイク盤映画「サイドウェイズ」主題歌に シンディ・ローパー の『 Time After Time(タイム・アフター・タイム) 』が使用されています。また、映画のサウンドトラックをウクレレ・プレーヤーの ジェイク・シマブクロ が担当しています。

Cyndi Lauper(シンディ・ローパー) は、1984年にデビューしたアメリカの女性ポップス・シンガーです。 全米2位のヒットを記録したデビューシングルに続く2ndシングル『 Time After Time 』で全米1位を獲得し、彼女は80年代を代表するポップ・アーティストとなりました。
■続きを読む・曲を視聴する>

ドラマ「ゴシップガール/Gossip Girl」挿入歌『Young Folks』ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月17日
Writer's Block
※画像は日本版ジャケット

アメリカの青春恋愛ドラマ「 ゴシップガール(Gossip Girl) 」挿入歌として ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン の『 Young Folks(ヤングフォークス) 』が使用されています。

ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン(Peter Bjorn and John) は2002年にデビューしたスウェーデンの3人組スウィデッシュ・ポップ・ロック・バンドです。
彼らのポップ・センスはデビュー当初から評価が高く、2006年発表の『 ヤングフォークス 』の独特な口笛のフレーズの面白さが口コミで評判広がり、ヨーロッパ全土でヒット。日本でもラジオ等でパワープレイされ、缶コーヒー ボスのCM曲としても使用されていたので覚えてる方も多いのでは。
■続きを読む・曲を視聴する>

ドラマ「ゴシップガール/Gossip Girl」主題歌『Glamorous』ファーギー

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月17日
アメリカの青春恋愛ドラマ「 ゴシップガール(Gossip Girl) 」主題歌として ファーギー の『 Glamorous(グラマラス) 』が使用されています。
(挿入歌『ヤングフォークス』はこちらの記事、TVCM曲はこちらの記事に掲載)

ファーギー(Fergie) は、アメリカの女性R&B/HIP HOPシンガー、女優で、 幼少時代には子役としてドラマ等に出演の後、音楽活動をはじめ、2003年に、人気R&B/HIP HOPグループ、 ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas) のメンバーに加入後、2006年にでソロデビューし、女優としての活動や、その容姿とおしゃれなファッションが女性にも受け入れられて、人気セレブ女性としても注目を集めています。
■詳細・動画掲載記事はこちら>

ホンダ ライフ(HONDA NEW LIFE)CM曲『I Want You Back』ジャクソン・ファイヴ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年10月17日
ホンダ(HONDA)の軽自動車の新型ライフ(NEW LIFE)のCM曲に ジャクソン・ファイヴ の『 ABCI Want You Back(帰ってほしいの) 』が使用されています(CM版アレンジのアーティスト等、詳細は不明)。

ジャクソン・ファイヴ(The Jackson 5) は1969年にデビューした、ジャクソン家族を中心に構成された黒人ポップ・グループです。特に、また子供だった マイケル・ジャクソン(Michael Jackson) がヴォーカル時代(69年頃〜71年頃)には大ヒット曲を連発し、黒人音楽レーベルのモータウンを代表するグループとなりました。
■詳細・動画掲載記事はこちら>

映画「笑う警官」主題歌『I Didn't Know My Own Strength』ホイットニー・ヒューストン

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月16日
大森南朋、松雪泰子 等が出演する、佐々木譲 による日本の警察小説を原作とした11月14日より公開の映画「 笑う警官 」の主題歌に ホイットニー・ヒューストン の『 夢をとりもどすまで(I Didn't Know My Own Strength) 』が起用されました。

ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston) は1985年にデビューした黒人女性R&Bシンガーで、世界で最も売れている歌手にの1人と言われています。
彼女自身が主演した映画「 ボディガード (1992年/米)」の サウンドトラック では彼女の新曲6曲を収録し、1994年のグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞。 同映画テーマ曲で彼女最大のヒット曲『 オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always Love You) 』は日本でも非常に有名。
■続きを読む・曲を視聴する>

ドラマ「不毛地帯曲」ED曲『Tom Traubert's Blues』トム・ウェイツ

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月16日
10月15日より放送開始の 唐沢寿明 主演のフジテレビ系列ドラマ「不毛地帯曲」のエンディングテーマ曲に トム・ウェイツ の『 トム・トルバーツ・ブルース(Tom Traubert's Blues) 』が使用されています。(主題歌/OP曲は坂本龍一

トム・ウェイツ(Tom Waits) は1973年にデビューしたアメリカのシンガーソングライターで、 ルイ・アームストロング に通じる味わい深い“しゃがれ声”、 ボブ・ディラン の影響も垣間見える独特な詞世界で「酔いどれ詩人」と呼ばれており、 男くさい危険な香りを内包しながらも美しくも優しいロマンチックなジャズ・ブルース/フォークを聴かせてくれます。
■続きを読む・曲を視聴する>

ファイナルファンタジーCCクリスタルベアラーCM曲『We Weren't Born To Follow』ボン・ジョヴィ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年10月14日
クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI
※画像はベスト盤 ⇒CM曲収録CD

スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)のWii用ゲームソフト 「 FFCC(ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル)クリスタルベアラー 」のCM曲に ボン・ジョヴィ の新曲『 ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー(We Weren't Born To Follow) 』が起用されました。(10月下旬〜放送の予定)

ボン・ジョヴィ(Bon Jovi) は1984年にデビューしたアメリカのハード・ロック・バンドで、数多くのプラチナアルバム、ゴールドアルバムを持つモンスターバンドです。
日本での人気は洋楽としては異例な高さで、洋楽バンドのセールスとしては ビートルズ を抜いて首位獲得数歴代単独1位。
デビュー当初は本国ではあまり注目されず、日本で人気を得たことをきっかけに、後の成功を攫んだ経緯もあって日本びいき。
■続きを読む・曲を視聴する>

ドラマ「嬢王 Virgin」挿入歌『Poker Face』レディー・ガガ

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月14日
ドラマ「嬢王 Virgin(じょうおう ヴァージン)」の挿入曲に レディー・ガガ の『 Poker Face(ポーカー・フェイス) 』が使用されています。

レディー・ガガ(Lady Gaga) は2008年にデビューしたアメリカの女性ソングライター/歌手で、 デヴィッド・ボウイクイーン 等のグラム・ロック、 マドンナマイケル・ジャクソン 等のポップスターの影響を強く受けたスタイルで人気を獲得。
デビューシングル『 ジャストダンス(Just Dance) 』が5カ国で1位、続いてリリースした『 ポーカー・フェイス(Poker Face) 』が全米チャートで連続5週1位を記録し世界各国でも1位を獲得の大ヒットとなっています。
■続きを読む・曲を視聴する>

映画「あなたは私の婿になる」主題歌『Hot N Cold』ケイティ・ペリー

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年10月14日
10月16日公開予定のサンドラ・ブロック主演映画「 あなたは私の婿になる 」の主題歌に ケイティ・ペリー の『 Hot N Cold(ホット&コールド) 』が使用されています。

ケイティ・ペリー(Katy Perry) は2007年にソロデビューしたアメリカの女性シンガーソングライターです。
2008年に『 キス・ア・ガール(I Kissed a Girl) 』が全米1位の大ヒット。続いてリリースした『 Hot N Cold 』もビルボード3位、カナダ、ドイツ等で1位のヒットを記録しています。
■続きを読む・曲を視聴する>
新しいコンテンツ

ページ上部へ

このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。