過去ログ

24時間テレビドラマ「にぃにのことを忘れないで」主題歌『In My Life』ビートルズ

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年08月30日
日本テレビ系列放映のチャリティー番組24時間テレビで放送されるドラマ「にぃにのことを忘れないで-脳腫瘍と闘った8年間-」の主題歌に ビートルズ の『 In My Life(イン・マイ・ライフ) 』が使用されました。

ジャーニーズのNEWS/関ジャニ∞の 錦戸亮、女優の 田中麗奈 等が出演するこのドラマは、 川上ますみ 著作のエッセイ作品 を映像化したもので、 脳腫瘍を患った主人公の生き方と、彼を支えていく家族達の愛を描いた物語。
この楽曲は、人生の思い出、恋人への想いを綴った詞が情緒的なバラードで、日本でも人気の高い楽曲です。
■続きを読む・動画を視聴する>

映画ドゥームズデイED曲『Club Foot』カサビアン

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年08月30日
9月19日より日本で公開となる ローナ・ミトラ が主演する映画「ドゥームズデイ」のエンディング曲に カサビアン の『 クラブ・フット(Club Foot) 』が使用されています。

カサビアン(KASABIAN) は2004年にデビューしたイギリスのロックバンドで、 オアシス 直系のブリティッシュ・ロックを主体としながら、強烈なエレクトロニック・ビートで攻撃的なサウンドがカッコイイです。
デビューアルバムがプラチナアルバムとなる大ヒットし、本国の英国と世界で知名度を獲得。 その後も立て続けにヒットシングルを輩出し、2000年代デビューの中堅バンド群の中でも、抜きん出た人気で、スタジアム級バンドにまで成長しています。
■続きを読む・動画を視聴する>

カネボウSALAプレミアムスムースCM曲by Luciole(ルシオール)

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月30日
カネボウ サラ(Kanebo SALA)プレミアムスムースのCM「メリハリでふんわり」篇、「あたらしい さらさら」篇、「雨の日もふんわり」篇 CM曲のシンガーに ルシオール が起用されました。 このCM曲はCMオリジナル楽曲で、CD化/発売は未定ですが、携帯電話用の着うたが 着うたサイト“ 直営CM♪EXPRESS ”でダウンロードできます。

ルシオール(Luciole) は、1986年フランス レンヌ生まれの女性シンガーで、2009年2月にアルバム「 Ombres 」でデビュー。 彼女のソフトなヴォーカルとアコースティックな楽曲がマッチした癒し系ポップスを聴かせてくれます。
■続きを読む・動画を視聴する>

トヨタ ヴィッツ(TOYOTA Vitz)CM曲『森のくまさん』ソリータ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月24日
東京 et 巴里
※上記CDにCM曲は未収録

トヨタ自動車 ヴィッツ(TOYOTA Vitz)のCM 「サボテン」篇 のCM曲に ソリータ がフランス語で歌う、アメリカ民謡曲『 森のくまさん(The Other Day, I Met a Bear/The Bear Song) 』が使用されています(音源化/発売の予定は不明)。

solita(ソリータ) は1993年9月パリ生まれ15歳のフレンチポップスシンガーで、日本で人気のフレンチポップスシンガー クレモンティーヌ の愛娘です。 クレモンティーヌ の作品に数曲参加した後、映画「 こま撮りえいが こまねこ (2006年/日本)」のテーマ・ソングのヴォーカルを担当、 2008年にヴァイオリニストの 宮本笑里とのコラボ楽曲『 東京 et 巴里 』が アニメ「 のだめカンタービレ 巴里編 」ED曲として使用されました。 現在、デビューアルバムを制作中です。
■続きを読む・動画を視聴する>

資生堂 アクアレーベルCM曲ゴリエで有名『Mickey(ミッキー)』トニー・バジル

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月24日
観月ありさ、太田光代、雨宮塔子、KIKI と、4人の女性が出演する 資生堂 AQUA LABEL(アクアレーベル)のCM「増えた」篇、「今日のわたし」篇のCM曲に『 Mickey(ミッキー) 』が使用されています(CMオリジナルアレンジ)。

この楽曲は、イギリスのバンド Racey が1979年に発表した『 キティ(Kitty) 』が原曲で、アメリカの歌手/振付師の トニー・バジル(Toni Basil) が、1981年にタイトルを変更して発表したリメイク曲『 ミッキー 』がビルボード1位を獲得。
2004年にバラエティ番組「ワンナイR&R」でお笑いコンビ ガレッジセール の ゴリ が扮したキャラクター 松浦ゴリエ のカバーがヒットしたことでも有名です。
■曲を聴く・動画を見る>

映画「グッド・バッド・ウィアード」予告編/CM曲『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月23日
8/29より日本でも公開となる、イ・ビョンホン 等が出演する映画「グッド・バッド・ウィアード(2008年/韓)」の予告編BGM/CM曲にフランスのバンド サンタ・エスメラルダ(Santa Esmeralda) の『 悲しき願い(Don't Let Me Be Misunderstood) 』が使用されています。

この楽曲は アニマルズ が1965年に発表したものがオリジナルです。
サンタ・エスメラルダ が1977年にカバーし、リバイバルヒット。 映画「キル・ビル(2003年/米)」の挿入曲としても有名です。
曲を聴く・動画を見る>

女性ファッション雑誌CanCam CM曲『ラヴィン・ユー』ミニー・リパートン

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月23日
女性ファッション雑誌CanCam(キャンキャン)専属モデル10名(徳澤直子、西山茉希、高橋メアリージュン、峰えりか、平山美春、近藤しづか、安座間美優、舞川あいく、梨衣名、南條有香) が出演する新テレビCMのCM曲に、70年代ソウルの名曲『 Lovin' You(ラヴィン・ユー) 』が使用されています(CMアレンジ版アーティストは不明)。

この楽曲は ミニー・リパートン(Minnie Riperton) が1974年に発表、ヒットしたものがオリジナルで、1991年の ジャネット・ケイ(Janet Kay) によるカバーも大ヒット。 その他数多くのアーティストにカバーされ、テレビ等でもよく使用される定番の名曲です。 ■曲を聴く・動画を見る>

ダンロップのタイヤ ビューロCM曲『スカボロー・フェア』サイモン&ガーファンクル

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月18日
The Best of Simon & Garfunkel
※画像は原曲盤 ⇒CMアレンジ盤

ダンロップのタイヤ ビューロ(DUNLOP VEURO)のCM曲に、日本のアコースティックギターデュオ GONTITI(ゴンチチ) が演奏するイギリスの民謡『 スカボロー・フェア 』が使用されています。 この曲は サイモン&ガーファンクル が1967年にシングルとして発表した以降、このアレンジが定番となっています。

サイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel) は1964年に米国でデビューした ポール・サイモンアート・ガーファンクル によるポップス/フォークロック・デュオです。 映画「卒業(1967年/米)」テーマ曲『 Sound Of Silence 』や、TBS系ドラマ「人間・失格」挿入歌として使用された『 A Hazy shade of winter(冬の散歩道) 』等、日本でも定番の曲がたくさんあり、 美しいメロディーを活かしたシンプルでアコースティックなサウンドと二人の絶妙なハーモニーを聴かせてくれます。
■曲を聴く・動画を見る>

シャープ ソーラー発電システムCM曲『オー・ソレ・ミオ』ドナ・バーク

洋楽のテレビCM曲│ 2009年08月17日
Blue Nights
※上記CDにCM曲は未収録

シャープ(SHARP)のCM ソーラー発電システム「太陽とシャープ 光」篇のCM曲に ドナ・バーク が歌う、イタリア・ナポリ民謡歌曲『 オー・ソレ・ミオ(私の太陽) 』が使用されています(このCMアレンジ曲の音源化/発売等は不明)。

ドナ・バーク(Donna Burke) はオーストラシア出身の女性シンガーソングライターで、 ジャズ、ソウル、カントリーなど、幅広い音楽性で、日本を拠点に数多くのCMソング、TV番組のBGMや、作詞、楽曲提供を手がけるとともに TV番組のナレーションや新幹線の車内英語アナウンス、ゲーム・アニメで声優など、ナレーター・声優としても活躍してます。
■曲を聴く・動画を見る>

アステラス製薬企業CM曲『Tomorrow』Chara

洋楽好きオススメの邦楽│ 2009年08月17日
Sugar Hunter~THE BEST LOVE SONGS OF CHARA~
※画像はベスト盤 ⇒CM曲収録CD

アステラス製薬企業TVCM「サプライズ」篇、「病気が教えてくれたこと」エッセイコンテスト、ラジオCM「明日は変えられる。」のCM曲に、 Charaがカバーする『 Tomorrow(トゥモロー) 』が使用されています。
この曲は、1977年から公演されているブロードウェイ・ミュージカル「 アニー(Annie) 」のテーマソングで、ミュージカルは1982年、1999年に映画化されたほか、日本でも毎年公演が行われている人気作品です。

Chara(チャラ) は1991年にデビューした日本の女性シンガーソングライターで、作品毎に多彩な実力派ミュージシャンや作家陣を起用したクオリティー高いサウンドと、 ソウルフルでありながらロリータな少女性を併せ持った、独特なウィスパー・ヴォイスは、その後のJ-POPアーティストに多大な影響を与えています。
■曲を聴く・動画を見る>
新しいコンテンツ

ページ上部へ

このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。