過去ログ

NISSANティーダCM曲『Don’t It Drive You Crazy』ポインター・シスターズ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月31日
日産自動車ティーダ(NISSAN TIIDA)のCM「低燃費+減税・補助金」篇 のCM曲に ポインター・シスターズ の『 Don’t It Drive You Crazy 』が使用されています。

ポインター・シスターズ(Pointer Sisters) は、アメリカ カリフォルニア州出身の ポインター4姉妹により結成、1973年にデビューしたコーラスグループです。
活動初期は ジャズ や カントリーのスタイルでしたが、70年代後半頃からはR&B/ディスコ・サウンドを取り入れ、80年代には、4曲のヒット曲を輩出しています。
■曲を聴く・動画を見る>

日産エクストレイル(X-TRAIL)CM曲『Kick It Out』ブンブンサテライツ

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月29日
日産エクストレイル(NISSAN X-TRAIL)のCM「アマゾン+減税・補助金篇」のCM曲に ブンブンサテライツ の『 Kick It Out 』が使用されています。

ブンブンサテライツ(Boom Boom Satellites) は 日本人男性二人によるビッグ・ビート/デジタル・ロック系バンドで、1997年にヨーロッパでデビュー。逆輸入で人気が高まったことから日本でもメジャーデビューしています。 デジタル・ロックの先駆的ユニットの ケミカル・ブラザーズ 並ぶ評価を受けた、世界で評価されている日本人アーティストです。
■曲を聴く・動画を見る>

映画「サマーウォーズ」主題歌『僕らの夏の夢』山下達郎

洋楽好きオススメの邦楽│ 2009年07月28日
GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA
※画像はベスト盤。⇒主題歌収録CD

8月1日に公開される 細田守 監督のアニメ映画「サマーウォーズ」の主題歌に、 山下達郎 の新曲『 僕らの夏の夢 』が起用されました。

山下達郎(やました たつろう) は、日本の男性シンガーソングライター/作曲家・編曲家/音楽プロデューサーです。
1975年に、バンド シュガー・ベイブ(Sugar Babe) でレコードデビューし、バンドが解散した1976年にソロデビュー。
現役でヒットチャートにも入るメジャーなアーティストなので、詳しい経歴は割愛しますが、 70年代のR&Bアーティストの影響をリアルタイムで受けている初期の作品は洋楽ファンも納得のクオリティーです。
■曲を聴く・動画を見る>

JAバンク「住宅ローン(夫の夢)篇」CM曲『さくらんぼの実る頃』シャンソンの代表曲

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月28日
お笑いコンピ、ココリコ の 田中直樹 が出演しているJAバンクのCM「住宅ローン(夫の夢)篇」CM曲に、フランス歌曲『 Le temps des cerises(さくらんぼの実る頃) 』が使用されています。(CM版のアーティスト等は不明)

この曲は、1866年に作曲され、様々なシャンソン歌手に歌われてきたフランスのシャンソンを代表する歌曲で、美しいメロディーとは裏腹に政府による弾圧におびえる市民を描いた政治的な歌でもあります。
同曲は1992年に公開された 宮崎アニメ映画「 紅の豚 」で 加藤登紀子 によるカバーが挿入歌として使用されていました。
■曲を聴く・動画を見る>

北村一輝が出演のハウス食品「メガシャキ」CM曲『ラ・バンバ』ロス・ロボス

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月27日
俳優の 北村一輝 が出演しているハウス食品の酸飲料“メガシャキ”のCM曲に、日本のサルサ・バンド オルケスタ・デル・ソル のパーカッショニスト ペッカー によるユニット メガ・ペッカー がカバーする『 ラ・バンバ 』が使用されています。

この曲は、元々メキシコの古い民謡の曲で、1958年にアメリカのロック・シンガー リッチー・ヴァレンスがタイトルを『 ラ・バンバ 』にして発表して大ヒット。 その後、映画「 ラ★バンバ (1987年/米)」の主題歌になった、ラテン系ロックバンド ロス・ロボス によるカバーが定番となっています。
■曲を聴く・動画を見る>

マネーパートナーズCM曲ペンギンが歌う『ジョイフルジョイフル』ゴスペル賛美歌

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月25日
ペンギン達がニューヨークを舞台に歌う映像が面白い 外国為替証拠金取引(FX)会社 マネーパートナーズ(Money Partners/マネパ)のCM曲に、ゴスペル/賛美歌として有名な『 ジョイフルジョイフル(Joyful, joyful) 』が使用されています。(CMアレンジ版のアーティスト等は不明)

この曲は、クラシック作曲家 ベートーヴェン 作曲の『 交響曲第9番第4楽章 』のメロディーに、1907年に歌詞が付けられたもので、有名な賛美歌の一つとなっています。
映画「 天使にラブ・ソングを2 (1993/米)」でポップス風ゴスペルアレンジで歌われたシーンが印象的で、映画に使用されたことで、日本でも有名な曲です。
■曲を聴く・動画を見る>

シャープ「プラズマクラスター」技術CM曲『Someday My Prince Will Come』ディズニー「白雪姫」テーマ曲

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月25日
マイ・ファースト・ディズニー オリジナル・サウンドトラック・ベスト(CCCD)
※画像は白雪姫サウンドトラック

シャープ(SHARP)のCM“シャープなるほど劇場「プラズマクラスター」技術「隆太のキッチン探検」篇”のCM曲にディズニーアニメ「 白雪姫 」のテーマ曲『 Someday My Prince Will Come(いつか王子様が) 』が使用されています。

この楽曲はグリム童話を原作に1937年に ディズニーが映画化・公開したアニメ「 白雪姫と七人の小人 」のテーマ曲として、 アメリカの作曲家 フランク・チャーチル が作曲したもので、 マイルス・デイヴィス(Miles Davis)ビル・エヴァンス(Bill Evans) 等の大御所にカバーされ、ジャズ・ミュージシャンの定番の楽曲となっています。
また、この映画から『 Heigh-Ho(ハイ・ホー) 』『 Whistle While You Work(口笛ふいて働こう) 』等の人気曲が生まれています。
■曲を聴く・動画を見る>

ドラマ「スタアの恋」主題歌『Stop! In the Name of Love』ザ・シュープリームス

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年07月22日
現在、2001年に放映されていた 藤原紀香・草g剛 が主演のドラマ「 スタアの恋 」が再放送されています。 このドラマの主題歌に globe がカバーする、 ザ・シュープリームスの 『 Stop! In the Name of Love 』が使用されています。

ザ・シュープリームス(又は “ザ・スプリームス”/The Supremes) は、1960年代に活躍した黒人女性3人組のコーラスグループです。
特にリードボーカルの ダイアナ・ロス が在籍していた1969年までに多数のヒット曲を輩出し、黒人アーティスト専門の老舗レーベル“モータウン”を象徴する完成されたポップ・ミュージックは洋楽ファンは必聴のグループです。
■曲を聴く・動画を見る>

映画「アマルフィ 女神の報酬」主題歌『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』サラ・ブライトマン

洋楽の主題歌・BGM│ 2009年07月22日
織田裕二 が主演、天海祐希、佐藤浩市 等が出演している映画「アマルフィ 女神の報酬」の主題歌に サラ・ブライトマン の『 タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time to Say Goodbye) 』が使用されています。

サラ・ブライトマン(Sarah Brightman) は13歳でミュージカル女優としてデビューし、1988年頃からソロアーティストとして活躍しているイギリスのソプラノ歌手、女優です。 クラシックとポップスを融合した、独自の音楽性で、『 Time to Say Goodbye 』は世界で1500万枚の大ヒット。 日本では、パナソニックのテレビ「VIERA」のCM曲やニュースステーションOP曲など、CMやテレビ番組のBGM等で定番のアーティストです。
■曲を聴く・動画を見る>

ディズニー・モバイル「DM004SH」CM曲『ミッキーマウス・マーチ』

洋楽のテレビCM曲│ 2009年07月21日
女性モデルの 藤井リナ と クリスティーナ が出演しているディズニー・モバイル「DM004SH」のCM曲に『 ミッキーマウス・マーチ 』が使用されています。

昨年、 ヒラリー・ダフ によるカバー曲が話題となりましたが、今回の曲はアレンジは基本的に同じなのですが、聴いたところ、歌っている歌手が違うようですね。 今回のCMで歌っているアーティストは今のところ不明(09/07/21現在)ですが、 過去の記事で ヒラリー・ダフ によるカバー動画を掲載しています。
この曲は、他にも数多くのアーティストがカバーしていて、そんな中から魅力的なカバー曲の動画を集めてみました。
■曲を聴く・動画を見る>
新しいコンテンツ

ページ上部へ

このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。