過去ログ

Neil Sedaka(ニール・セダカ) - 『カレンダー・ガール』『恋の片道切符』その他、提供曲など多くのヒット曲を持つシンガーソングライター

おすすめの洋楽│ 2007年10月07日
ニール・セダカ(Neil Sedaka) は50年代後半〜60年代にかけて活躍したアメリカのポップス・シンガーソングライターです。 数多くのヒット曲を持ち、作曲家としての評価も高く、様々なアーティストに楽曲提供しています。

Calendar Girl(カレンダー・ガール) 』や『 One Way Ticket to the Blues(恋の片道切符) 』その他多くのヒット曲を放ち、 ポール・アンカ に並ぶトップアイドルとして活躍しました。 また、自身のヒット曲『 OH CAROL(おお!キャロル) 』は、当時のガールフレンドだった キャロル・キング(Carole King) Amazonで見る のことを歌った曲だそうです。
■曲を聴く・動画を見る>


Connie Francis(コニー・フランシス) - 『カラーに口紅』『Vacation(ヴァケイション)』多くの日本人にカバーされたアメリカンポップス/オールディーズの定番

おすすめの洋楽│ 2007年10月07日
コニー・フランシス(Connie Francis) は50年代後半から60年代前半にかけて多くのヒット曲を持つアメリカの女優/ポップス・シンガーです。

ヴァケイション(Vacation) 』(♪ V-A-C-A-T-I-O-N ♪で有名ですね)、『 可愛いベイビー(Pretty Little Baby) 』などが特に有名です。 日本では 弘田三枝子中尾ミエ などによるカバーもしヒットしています。
アメリカで発売されずに日本人によるカバーでしか発表されていない曲も多数あるので、この曲もカバーだったの?という曲も少なくありません。
■曲を聴く・動画を見る>

Brian Hyland(ブライアン・ハイランド) - 『Baby Face』タモリ倶楽部・空耳アワーのエンディング時のあの曲、『ビキニ・スタイルのお嬢さん』『涙のくちづけ』

おすすめの洋楽│ 2007年10月07日
ブライアン・ハイランド(Brian Hyland) は60年代のアメリカで多くのヒット曲を持つポップス・シンガーです。

日本では『 Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini(ビキニ・スタイルのお嬢さん) 』がヒットして定番曲となっていますが、 田代みどり坂本九 のカバーでも大ヒットしています。
他にも『 Sealed With A Kiss(涙のくちづけ) 』などが有名なほか、『 Baby Face(ベイビー・フェイス) 』がテレビ番組「タモリ倶楽部」のコーナー「空耳アワー」のエンディング時の曲として使われています。(「♪パッパ、パッ、パッパ、パパパパパッ」というやつ)
■曲を聴く・動画を見る>

Little Eva(リトル・エヴァ) - 『Loco-motion(ロコモーション)』-カイリー・ミノーグ、グランド・ファンク・レイルロードらのカバーもヒットしたオールディーズの超定番ポップス曲

おすすめの洋楽│ 2007年10月07日
The Best of Little Eva  
アメリカンポップスの代表的楽曲『 ロコモーション(Loco-motion) 』は、70年代のシンガーソングライターブーム時に活躍した キャロル・キング と彼女の夫 ジェリー・ゴーフィン が62年に作曲した作品です。

当時、夫妻の元でベビー・シッターとして働いていた リトル・エヴァ の声を気に入り、デモテープの歌手として起用したところ、非常に出来が良かったため、デモ音源をそのまま発売。すると全米1位獲得の大ヒットとなり、彼女は一躍スターとなりました。
■曲を聴く・動画を見る>

Emotions(エモーションズ)-『Best of My Love』がSONY(ソニー)のデジカメ「サイバーショット(Cyber-shot)」CM曲として話題!スイートでポップなゴスペル/R&B/コーラス・グループ

洋楽のテレビCM曲│ 2007年10月06日
SONY(ソニー)のデジカメ「サイバーショット(Cyber-shot)」CM曲に「Best of My Love」が使われていますね。
(俳優の渡辺哲が出演のもの、香椎由宇出演の2バージョンがあります。)
CMで使用されているこの曲は、The Emotions(エモーションズ)の大ヒット曲「Best of My Love」のカバーで、CM用に録音されたオリジナル・バージョンなので今のところ手に入れることはできないようです。
かなりオリジナルに忠実なカバーなので、是非、オリジナルのエモーションズを聴いてみてください。

70年代のフリー・ソウル系サウンドはめちゃ良いですね!

■曲を聴く・動画を見る>

The Beatles(ビートルズ)[Part2]- 超有名な名曲だらけロック・ポップスの定番!20世紀最大のバンド

おすすめの洋楽│ 2007年10月03日
今回は中期〜後期の作品の定番曲の中から一部を紹介します。
HELP!(ヘルプ!) 』ほか、定番曲動画&バンド概要はこちらの記事、 初期〜中期の作品紹介はこちらの記事に掲載しています。

初期の色々なポピュラーミュージック、黒人音楽からの影響をストレートに独自のロック・ポップスにしたサウンド、中期の実験的なサウンド、円熟した後期とその時期毎に色々な魅力があります。
この時期はメンバー個々の方向性の色が出てきて、アルバムの曲もからりバラエティー豊かになっていきます。
Hey Jude 』『 Don't Let Me Down 』『 Let It Be 』などが有名ですね。
⇒続きを読む・曲を視聴する

The Beatles(ビートルズ)- 超有名な名曲だらけロック・ポップスの定番!20世紀最大のバンド

おすすめの洋楽│ 2007年10月03日
こちらの記事 で『 ヘルプ!(Help!) 』の動画を掲載しましたが、まだまだたくさんある有名な名曲を紹介します。

名前は超有名なビートルズですが、意外とアルバムをちゃんと聴いている人って少ないかなって気もします。
テレビ番組やCM、カバーされている作品は数知れず!ちゃんと聴いてみると、この曲もビートルズだったの!?なんてことも少なくないでしょう。 あまりにも有名な曲が多すぎて紹介しきれないのですが、この記事ではデビュー〜中期の作品から紹介します。
⇒続きを読む・曲を視聴する

ロック・ポップスの定番中の定番名曲 - テレビ、CMでもよく使われる普遍の名曲

テレビなどでおなじみの洋楽を集めました。
今回は定番中の定番の超ベタな選曲にしてみました。
知ってて当たり前だと思っていても、意外と知らない人もいるようですね。
今後も残って行くであろう、普遍的な名曲ばかりなので、知らない人は是非聴いてください。


◇紹介アーティスト・楽曲

(下ジャケット画像、左から)

・The Beatles(ビートルズ) - 『Help!』 アルバム:THE BEATLES 1(ベスト盤)
・John Lennon(ジョン・レノン) - 『Imagine』 アルバム:Lennon Legend(ベスト盤)
・Carpenters(カーペンターズ) - 『Top Of The World』 アルバム:Very Best OF The Carpenters(ベスト盤)
・Queen(クイーン) - 『We Will Rock You』 アルバム:グレイテスト・ヒッツ/グレイテスト・ヒッツ2(ベスト盤)




■曲を聴く・動画を見る>

Hellogoodbye(ハローグッバイ)-SONY Rollyのサイトのイメージビデオ(CM?)で使用のテクノポップ/パワーポップなパンク・バンド

洋楽のテレビCM曲│ 2007年10月01日
iTunesのインターネット・ラジオで流れていた「Here (In Your Arms)」を聴いて、ビビッとやられました!
私、ケロリ声に弱いみたいです。
テクノポップ系のバンドと思いきや、アルバムを聴くとピコピコが入っていますけど、ロックサウンドの曲も多くて、意外とストレートなパンクサウンドなアメリカのパワーポップ/パンクバンドです。

ある日、SONY Rollyのオフィシャルブログを見ていたら、急に画面いっぱいにフラッシュ・ビデオが流れて、その中のBGMで「Touchdown Turnaround」が使われていました。

■曲を聴く・動画を見る>
新しいコンテンツ

ページ上部へ

このサイトは印刷に対応していません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。